TimeMachineのバックアップドライブに設定した外部HDDを解除する方法

TimeMachineのバックアップドライブにWindowsの共有フォルダを設定していたのですが、USB接続の方が便利だったりします。

なので、共有フォルダのバックアップディスクを使わないようにするため、解除しました。簡単にできるのですが、その方法を僕は見つけられませんでした。解除手順です。

“Time Machine”環境設定

メニューバーにあるTime Machineのアイコンをクリックするとメニューが表示されるので、環境設定に入ります。

左下の鍵がロックしてあるときはユーザーパスワードを入力の上解除(解錠)します。

Time Machine を「切」にします。

timemachine

バックアップディスクを追加/削除

下の「バックアップディスクを追加/削除」をクリックします。

timemachine

下のウインドウが開きます。ここでパックアップ設定を解除するドライブを選択し、右下の「ディスクを削除」をクリックします。

timemachine

確認メッセージが表示されます。ここに小さく書いてあるのですが、この作業を行ってもバックアップデータそのものは削除されません。これ以降にバックアップドライブとして使わない設定となります。

timemachine

解除したドライブが表示から無くなっています。

TimeMachine 入

最後にTimeMachineを止めていたので、動くようにします。

timemachine

スイッチが「入」になっていることを確認したら、作業は完了です。

timemachine

この記事を書いた人