青空文庫 創設 富田倫生さんが亡くなられたニュースから。どうして、優秀な方から..15年前にワクワクした記憶が。

このニュースには驚きとなんとも言えない感覚です。わたしが知らなかっただけですが、長きにわたって、病と共に活動されていたとは。

青空文庫を創設されたさ富田倫生さんが2013年8月16日 肝臓がんのため死去されたとのこと。61歳ですか、若い。


Nikkei
富田倫生氏が死去 電子図書館「青空文庫」世話人  :日本経済新聞

1997年にスタート。

青空文庫を知ったのは、確か1998年ごろだったと思います。大学の研究室で、買ってきた読んだパソコン雑誌にCDとして、青空文庫のデータがあったんです。

Apzora
青空文庫 Aozora Bunko

パソコンで本が読める!とワクワクしたものでした。当時はISDNが出だした頃でした。まだまだ、インターネットの情報は限られた人しかアクセスできない時代と言えます。

パソコン雑誌に乗っかり、著作権が終っているとは言え、電子書籍データを広げるアイデアは凄いと、改めて今に感じます。

青空文庫 – Wikipedia

2013年8月 現在 :収録作品数 12133

楽天がkoboのサービスインの時に、青空文庫をコンテンツとしてカウントして、ちょっといろいろあって話題にもなりました。1997年から16年。この間、継続されてきたことが”青空文庫”なんだと思います。

継続は力。凄いです。継続してこなかった私。いろいろできると言えば聞こえがいいけど、続けてきたことがないわけです。こんどこそ。そう感じます。

同じ年までに私は何ができるのだろう。

付属CDをPCに入れた時にドキドキしました。感謝です。

i文庫/HD/Sに青空文庫データに4作品が追加収録されました!

NagisaWorks » i文庫/HD/S 富田倫生「パソコン創世記」他を収録

インターネット図書館 青空文庫
野口 英司
はる書房
売り上げランキング: 17,163

この記事を書いた人