「iBUFFALO キーポード BSKBC02BK」をAmazonさんで買ったけど、 フラストレーションフリーパッケージ(FFP) ってなに?

R0024806

 

この記事のポイント

1cat

  • 親指シフトにピッタリのキーボードを見つけました。
  • Amazonさんで注文した時に、「フラストレーションフリーパッケージ(FFP)」を選びました。
  • シンプルな梱包でゴミを減らすパッケージでしたが、輸送用の外箱に入っていたので、安心だと思いました。

親指シフトにピッタリ。そしてキータッチもいい感じのキーボードを某ヨドバシカメラさんで見つけました。これについては下の記事で詳しく書いています。よろしければご覧ください。

 [箱] ついに見つけた!2000円以内で、親指シフト+Orzレイアウトで快適!「ゲーミングキーポード BSKBC02BK」 | [箱]ものくろぼっくす

価格を調べてみたら、Amazonさんの方がお買い得なことがわかり、早速ポチッと注文と思いましたが、あれ?同じ商品なのに2つ表示されています?どういうこと?

フラストレーションフリーパッケージ(FFP)って何?

Dkey00

「通常パッケージ」と「フラストレーションフリーパッケージ(FFP)」の2つから選べることが出来ます。お値段は同じ。

シンプルな梱包でゴミを減らすパッケージらしいです。

Amazonフラストレーションフリーパッケージとは?

この商品は、環境に優しい、過剰な梱包資材を省いた、簡単開封パッケージとして認定されました。Amazon.co.jpが発送する場合、個装箱のままでのお届けとなりますので、商品を取り出す手間とゴミを削減します。

 Amazonフラストレーション・フリー・パッケージ™ @ Amazon.co.jp

梱包は捨ててしまうし、どんなものか?興味もあって、フラストレーション・フリー・パッケージを選んで注文しました。

翌日 届きました。

翌日の午前中に届きました。ありがとう宅急便屋さん。

あれ?予想より大きな箱です。605 × 240 × 80 mm と長い箱です。

R0024798

iPhone5を上に置いてみました。箱が大きいことがよくわかります。

R0024799

箱の外に伝票が貼ってありました。これは良いアイデアです。

R0024803

開封。紙のクッションのみでもう一つの箱が出てきました。

R0024804

製品パッケージの箱でした。印刷なし。シンプル。ヨドバシカメラさんで見た製品版のパッケージとは違います。機能説明が書かれていましたから。

R0024805

箱をとめているシールに控えめな「製品仕様」が書かれていました。

キー荷重が書かれている!のです。この価格帯で明記していることが凄い。キーボード本体の重さも730gあり、重くしっかりした製品なことを感じました。

R0024807

いよいよ開封です。簡単な説明書 兼 保証書が入っていました。保証期間は半年と短い設定です。

R0024808

カナキーが無刻印の仕様なので、スッキリした印象。短いスペースキーと真ん中に寄っている変換キーが、親指シフトにピッタリです。一日タイプしてみましたが、予想以上にスコスコ気持ちいいキータッチです。

コストパフォーマンスが素晴らしいキーボードです。

R0024809

ものくろ はこう思った

Dthing

梱包は捨ててしまうし、、ということで、フラストレーション・フリー・パッケージの製品を注文しました。キーボードの箱だけで届くのかな?と思っていましたが、輸送用の大きな箱に入っていました。

フラストレーション・フリー・パッケージでも輸送時の取り扱いについて、心配する必要はないですね。

短いスペースキーと真ん中に寄っている変換キーのレイアウトが「親指シフトのために設計した」としか思えません。ありがたいキーレイアウトです。

タイプしてもスコスコと気持ちいい雰囲気です。親指シフト用だけでなく、気持ちいいコストパフォーマンスの良いキーボードを探されている方におすすめです。

贅沢を言うなら、テンキーレス仕様があるともっとうれしいのです。是非作ってください。お願いします。株式会社 バッファロー様。

iBUFFALO 【ゲーミングに最適】キーボード USB&PS/2接続 ブラック [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] BSKBC02BKF
iBUFFALO 【ゲーミングに最適】キーボード USB&PS/2接続 ブラック [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] BSKBC02BKF

posted with amazlet at 13.10.02
バッファロー (2011-08-31)
売り上げランキング: 390

いいね!で応援お願いします!

この記事を書いた人