iPhone 8 PlusをLightning – USB-CケーブルとPower Delivery対応ACアダプターを使うと「30分で50%の高速充電」は本当だった

iPhone 8 Plusは、高速充電に対応しています。

付属のちいさなUSB ACアダプターではなく、容量の大きなACアダプターとLightning – USB-Cケーブルを組み合わせることが、この高速充電モードには必要です。

朝に起きたらバッテリーが残り30%を切っている

今朝目覚めたときに、iPhone 8 Plusを見ると、本来は充電していたはずなのに、充電できていませんでした。

バッテリー残量は30パーセントを切っています。出かけている間にバッテリー切れになってしまいます。

家を出発するまでの限られた時間で、この高速充電モードを思い出しまして、試したら、Appleの「30分で50%の高速充電」「iPhone 8 – 仕様 – Apple(日本)」の注釈9にて書かれています。が本当でした。

出かける前にiPhone 8 Plusのバッテリーが満充電にできて助かりました。

1時間の充電で97%

下は、8時16分の充電スタート直前のスクリーンショットです。

バッテリーは残量30%ぐらいです。

これを高速充電モードにて1時間充電したのが、下の写真です。

97%になっています。

充電につかったアイテム

iPhone 8 Plusの高速充電モードに使ったアイテムはこちらです。

Appleの仕様に書かれている高速充電モードの条件に、ACアダプターは29W USB‑C電源アダプタとあります。

このアダプターは12インチMacBookの付属と同じです。これより出力容量が大きいAppleのUSB-C電源アダプター61W USB-C電源アダプタ – Apple(日本)Apple 87W USB-C電源アダプタ – Apple(日本)でも対応している様子です。

今回は、USB-C Power Delivery第747回:USB PDとは – ケータイ Watch Watchに対応と明記されているAnkerの製品を使い、高速充電モードとなることを確認しました。

ケーブルは、Apple 純正のLightning – USB-Cケーブルを使いました。USB-CケーブルもPower Deliveryに対応している必要があります。

どのケーブルが対応しているのか?と探すより、純正ケーブルを選ぶほうが確実です。USB-CポートのMacと接続してテザリングするにも便利です。