WordPress iPhoneアプリ 「ブロックエディタ」モードを試した

  • ブックマーク

iPhoneアプリ「WordPress」に実装された、ブロックエディタモードを試した。

ブロックエディタモードへ切り替え

アプリを起動した画面にある「設定」をタップ

「Use block editor」のスイッチをONに。

これで、WordPressアプリが、ブロックエディタモードに切り替わる。

ブロックはアプリに準備されているモノのみ

使えるブロックは、以下のとおり。

サーバのWordPressに、プラグインなどで、追加したブロックは、使えない。が、日々の記事をスマホから公開するケースだと、これでも十分。

直感で操作できる

キーボードの左上にある「+」アイコンをタップすると、上の写真のブロック一覧が表示される。

HTMLを全く知らなくても、直感で、操作したい内容が理解できる。

初めてブログを書くユーザーに優しい雰囲気だ。

後から見出しブロックへ変更不可

PCのブラウザーからのブロックエディタだと出来る操作が、一部できない。

1つが、段落ブロックを見出しブロックへ変更する操作は不可。

段落ブロックを挿入して、テキストをコピーして貼り付けの操作が必要となる。

Markdown記法は使えない

もう一つ、使えない機能が、Markdown記法だ。使えたら、便利なのだが、2020年3月現在、使えない。

もっとも、想定ユーザーが、Markdown記法を知らない、HTMLも知らない、ブログをスタートしたユーザーだと、感じる。

なので、機能を絞って開発を進めていることは、理解できる。

使いやすさがメリット

この記事も、iPhoneからWordPress アプリのブロックエディタで、筆を進めている。

HTMLなどの専門知識の学習することなく、スラスラと「記事を書く」上でやりたいことが実現できる、使いやすさが、メリットだ。

Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役