アンチウィルスソフト VirusBarrier X6をアンインストール

アンチウィルスソフト VirusBarrier X6を一年間使ってきた。更新をせずに、別のアンチウィルスソフトを使うことにした。

アンインストール方法が分かりにくかったので、メモ書きにしておく。

ライセンスの認証解除

アンインストールの前に、”ライセンスの認証解除”が必要。
ラインセンスの認証解除 手順は以下のとおり。

VirusBarrier X6を起動する。


メインインメニューバーのVirusBarrier X6メニューをクリック。

「VirusBarrier X6の認証を解除」をクリックする。

ところが、「VirusBarrier X6の認証を解除」がグレーアウトしたままで、実行できなかった。ライセンスの契約期限が切れているからだろう。すでにライセンスが解除されていると判断して、今回は「ライセンスの認証解除」を行わなかった。

 

アンインストール

アプリケーションをゴミ箱に入れても、アンインストールができない。必ず以下の手順でアンインストールをすること。

インストーラーを下のURLからダウンロードする。 
http://www.integodownload.com/mac/X/IntegoUninstaller.dmg 

インストーラーを起動する。

Intego Uninstallerとウィンドウが開く。クリックする。

インターネットからのダウンロードファイルを開いて良いか?聞かれる。信頼できるサイトからダウンロードしているので、「開く」をクリック。

「VirusBarrier X6」のアンインストールチェックを入れて、”アンインストール”ボタンを押すとアンインストールが実行される。

管理者権限が必要となる。パスワードを入力する。

以上でアンインストール作業完了。念のため、再起動をする。


講座 開催予定

この記事を書いた人