Lightning SDカードリーダー(Apple)の速度に不満なら、SDカードを買い替えると改善する

AppleのLightning SDカードリーダーを愛用しています。ミラーレスカメラで撮影した写真データをiPhoneに転送するのに、便利です。

このカードリーダーを使っているときに、iPhoneへの画像読み込み速度が遅いと感じていました。

カードリーダーが、速度のボトルネックになっていると思い込んでいたら、実はSDカードの速度がボトルネックでした。

このAppleのカードリーダーを使っていて、画像の読み込み速度に不満があるなら、高速なSDカードへ買い替えすると、改善します。

実は、SDカードの速度が、画像の読み込みに影響しているとは、想像していませんでした。

LUMIX GH-5 を使い始めたときに、UHS-II規格に対応している高速なSDカードも同時に購入しました。

購入したのはこちらの製品です。

サンディスク 高速SDXC UHS-IIメモリーカード(Class 10対応・128GB) 防水仕様 Extreme PRO SDSDXPK-128G-JNJIP

UHS-IIとは、データの転送速度の規格です。312MB/秒の転送が可能な規格です。さらに速いUHS-IIIの規格もありますが価格が高すぎるため、事実上、高速なデータ通信が必要なSDカードなら、UHS-IIを選ぶ状況です。

UHS-IIでも、かなりの価格になってしまうのですが。GH-5に使うSDカードは、UHS-II規格が推奨されているので、チョイスしました。

お値段も高かったのですが、これをLightning SDカードリーダーに使ってみてビックリしました。画像の読み込みが、今までとは比べものにならないくらい速いのです。

さすが、UHS-II規格。

ここで、気づきました。

Lightning SDカードリーダーが遅いのではなく、SDカードが遅いことに。

ということで、Lightning SDカードリーダーの読み込み速度に不満があるときは、SDカードを高速タイプに買い替えが効果的です。

今回購入したSDカードはこちら。