MacBookPro15インチ(2016モデル)のために、USB Type-CとUSB-Aの両方が使えるUSBメモリを購入

久しぶりにUSBメモリを購入しました。 容量16GB です。

ちょっと普通のUSBメモリと違うのが、2016モデルのMacBookPro15インチのちいさなUSBコネクター(Type-C 以下、USB-Cと表現)を持っている点です。

USBメモリーを使うために、下の変換コネクターも一緒に持ち歩いていたのですが、2つをわすれずに持ち歩くことが、予想以上にめんどうなんですね。

それで、USB-Cを持っている製品を探したのですが、 その中で、両方のコネクターを装備している製品がエレコムさんから販売されていました。

というか、見つけたのは、大阪のヨドバシカメラ梅田さんの店頭なんです。こんな製品があるかな?と探すのは、オンラインよりリアルストアで探す方が、見つけやすい気がします。

CもAも、両対応のUSBメモリはスライドすると、コネクターが出てくる仕組みでして、持ち運ぶときのキャップがどっかに行って無くしてしまう問題もなく、素敵です。

どうして両方のコネクターが必要なの?メインマシンのMacはUSB-Cなのだから、従来のAタイプは不要なんじゃないの?と、なりたいのですが、自宅には、今まで使っていた2013年モデルのMacBookPro13インチもあります。

そして、 一番困るのが、出張中です。コンビニやキンコーズさんにて、紙資料を出力するときに、USBメモリをコピー機に刺して、PDFの印刷データを送ります。

コピー機は当然、従来のUSBです。なので、両対応なのが必要なのです。

この記事は、PressSyncにてiPhoneで書いてます。

この記事を書いた人