MacBook Pro 13インチの外付けモニター選び 3つの候補から27インチApple Thunderbolt Display(中古)になった流れ

2016年5月に、東京・秋葉原にて中古の27インチApple Thunderbolt Displayを購入しました。実際は、このモニターにしようと決めるまで、あれでもない、これでもないと、かなりネットで下調べしていました。

東京に拠点を移し、自分の部屋で作業するときに、MacBook Pro 13インチのモニターだけだと、窮屈でした。5年前に購入し大阪から持ってきた(実際は宅配便で送りました)三菱の23インチモニターを使っていましたが、MacBookPro本体のRetinaディスプレイと見比べると、ドットの粗さが気になります。23インチの解像度は 1,920 × 1080なので、広いのですが、ちょっと狭いという画面サイズです。

もっと広い画面で楽に作業したいと思うようになり、27インチクラスモニター購入の検討がスタートしました。(iMac27インチの5Kモデルを購入できるといいのですが予算的にそれは厳しいのです。)

予算から考えた第一候補はDellの27インチ4Kモニター、そして、モニターといえばEIZOの27インチ、そして、ちょっと割高な気がしてしまうプライス(新品だと)なApple純正の27インチThunderbolt Displayの3つを比較していました。

今振り返ると、検討段階では全然気づいていない点があって、結果的にApple純正の27インチを中古とはいえ購入して大正解でした。

はじめの段階では、27インチの4Kモニターなのに価格からコストパフォーマンス最高と思っていたのが、DELLのモニターです。ところが、2013年モデルのMacBookPro13インチRetinaモデルですと、27インチの4K外部出力は30fpsになってしまいます。60fpsの出力できる性能がないのです。残念。となると、4K出力にて、描画の遅さを感じたり、スムースに欠ける可能性があります。

そうなると4K出力にこだわらない方が良いとなりまして、EIZOのモニターか、apple純正モニターを選ぼうという方向になりました。

EIZOは、15年ほど前にトリニトロンブラウン管の19インチモニターを使っていて満足していました。魅力的なんですが、価格を見るとappleの純正モニターと近い価格帯、むしろさらに予算が必要なモデルもあります。

そんな悩んでいるタイミングで、この2016年ゴールデンウィークに秋葉原で出会っちゃったのです。中古の27インチApple Thunderbolt Displayに。そして、購入しちゃったというわけです。

こんな流れの中にゴールデンウィークに中古の商品と出会い書いた記事がこちらのリンクです。

[ads_amazon_1]


[/ads_amazon_1]

[ads_amazon_2]


[/ads_amazon_2]

[ads_amazon_3]


[/ads_amazon_3]

[ads_amazon_4]


[/ads_amazon_4]

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら