フォーマットしてアイコンが消えた!iamaKeyのアイコン復活方法

スタイリッシュな鍵型USBメモリ。iamaKeyです。気に入って使っています。このiamaKeyのメモリは、購入時にソフトが入っています。暗号化セキュリティソフトです。このソフトのインストール方法は別記事でまとめました。

やり方を試行錯誤したときに、フォーマットをしました。うっかりバックアップを取っていませんでした。フォーマット前は、鍵の絵のかっこいいアイコンでした。これが消えてしましました。

せっかく格好良かったのに。バックアップを取っていないのが悪いのですが、がっかりです。このカスタムアイコン(鍵の絵)を表示させる方法が分かりました。ここにまとめます。

メーカーサイトの説明では

LaCieのサイトに、「ドライブを消去(初期化)したらボリューム アイコンが、LaCie カスタム アイコンではなくなってしまいました。どうすればオリジナルの……….」 という記事がありました。ところが、これが分かりにくい。Macは説明されていますが、Windowsは説明ないし。 ここではMacとWindows両方のアイコンを復活させる方法を説明します。

 Macの復活

アイコンファイルのダウンロード

メーカーサイトにある、LaCie iamaKey (image set) 72dpi [217 KB]をダウンロードします。

>>アイコンファイルを探しに行く

アイコン設定方法

iamaKey USBメモリを右クリックして、「情報を見る」をクリックします。

 

ダウンロードしたアイコンファイルを右クリックして、「情報を見る」をクリックします。

下のように、それぞれの”情報ウィンドウ”が表示されます。

これらウィンドウの左上に表示されているアイコンを操作すれば、変更できます。

 

ダウンロードしたアイコンファイルの”情報ウィンドウ”の左上アイコンをクリックします。すると青く縁取りされます。選択状態になっています。ここで、「command + c」でコピーします。

iamaKey USBメモリの”情報ウィンドウ”の左上アイコンをクリックします。すると青く縁取りされます。選択状態になっています。ここで、「command + v」で貼り付けします。

すると、下の写真のように、アイコンが変わります。

ドライブ一覧表示でアイコンが「鍵」に戻りました。

表示を変えました。「鍵」アイコンがとても格好いい表示です。

 

以上でMacの「鍵」アイコン復活作業は完了です。

 

Windowsの復活

アイコンファイルの準備

アイコンファイルのダウンロード

メーカーサイトの、LaCie iamaKey (image set) 72dpi [217 KB]をダウンロードします。

>>アイコンファイルを探しに行く

Windowsでは、このファイルをそのまま使うことができません。

アイコンファイル作成

「IcoFX」というソフトを使って、アイコンファイルを作ります。

>>ソフトをダウンロードする
>>IcoFXの使い方を見る

アイコンファイルを完成させたら、設定準備の出来きあがりです。

アイコン設定

ファイル名を「iamakey.ico」として説明します。テキストエディタで、以下の内容の「autorun.inf」ファイルを作ります。

autorun.inf
——————————

[autorun]
icon=iamakey.ico
——————————

なお、autorun.infの詳しいことについては、下のサイトが詳しいです。

>>autorun.infの説明を読む

これら2つのファイルを、iamakey USBメモリのルートフォルダにコピーします。これで準備完了です。

USBメモリのアイコンが鍵型になっています。

以上で、Windowsの「鍵」アイコン復活作業は完了です。

鍵のアイコンがよく似合う

Windowsはアイコンファイルを作る必要がありましたが、Mac・Windowsどちらもカスタムアイコン(鍵の形)が復活しました。外観がかっこいいので、アイコンも鍵の形になっていないと、落ち着かないんですよね。このアイコンがよく似合います。

慣れてしまうと、普通のアイコンでは違和感があったので、こまっいました。いまはカスタムアイコンでiamaKeyを使っています。アイコンを見るたびに、ニンマリしながらキーボードを操作する日々です。

 >>補足:暗号化インストール方法を読む

情報整理もスマートになろう

USBメモリを活用する方法・情報の整理術を解説している本を紹介します。USBメモリも大容量になりました。逆に必要な情報をきちんと整理することが大切です。「あのファイル!どこに保存したかな?」「必要なファイルがいつも見つからない!」そんな困った経験をなくしてしまう解決法が見つかります!。

講座 開催予定

この記事を書いた人