Facebookメッセージに届いた「Videoリンク」はウィルスまがいのスパム【2020年版】絶対にクリックしない・無視する うっかりクリックしたときの対策法

  • ブックマーク

Facebookメッセージに「〇〇〇〇 Video → http://URL」のリンク付きメッセージが届いても、絶対にクリックしないようにしてください。これ、スパムです。

例えば、こんなのです。これ以外にも、数パターンあります。

こんなパターンも。

2020年3月に流行したバージョン ↓

2020年7月に流行っているバージョン↓

うっかりクリックしてしまうと、あなたのFacebookフレンドに同じスパムメッセージをばらまいてしまいます。

そう、被害者なのに加害者になってしまいます。

もう一度、大切なので繰り返します。

クリックすると、あなたが加害者になります。

無視する

絶対にリンクをクリック・タップして開かないことです。

無視・無視・無視。

動画にあなたは出演していません。そんな動画、いつ撮られました?

クリックしても、動画は再生されません。

動画の中身は、あなたと無関係です。

あなたの友人から送られてきた動画リンクありのメッセージですが、その友人はすでにスパムに乗っ取られています。

なので、友人だから、と信頼してはいけません。

動画を見る必要もないですし、何かあなた向けのメッセージもありません。

罠です。動画リンクを開いても動画は再生されず、スパムに感染します。

無視していいのです。

無視することに罪悪感を感じる必要ありません。

また、何度もメッセージが届くこともありますが、無視です。

Window・Mac・スマホ 機種を問わずにアタックされる

Windows・Macはもちろん、スマホ(androidは自動的に感染するとの報告あり)、Chromebookも感染報告があります。

感染すると、対策の手順が非常に厄介です。

なので、絶対にクリックしない。

できれば、メッセージをミュートにして報告する

PCの場合は、メッセージのウィンドウにある小さな歯車アイコンをクリックすると、「会話をミュート」できます。

報告するをクリックすると、Facebookにスパムを報告できます。この報告は、拡散したスパムリンクをFacebook側で無効化してくれて、拡散を止めることができます。

ただし、操作に自信がない場合は、間違ってリンクを開くリスクがあるので、無視だけでOKです。

無効化してくれると、こうなります。

OSを問わないスパム

この動画リンクスパムは、Chromeの機能拡張をインストールさせることで、感染します。

なので、OSを問わないスパムです。

Windows・Macはもちろん、スマホ(androidは自動的に感染するとの報告あり)、Chromebookも感染報告があります

ただし、iOSがどのような挙動になるのかは、わかりませんでした。とはいえ、君子危うきに近寄らずなので、iPhoneなどのiOSも絶対にリンクをタップしないようにしてください。

万が一被害にあったら

万が一クリックしてしまった時の対策です。被害にあっているのに、同時に、加害者になってしまっています。

Chromeの機能拡張を削除すれば、対応となるはずですが、、、

スパムの原因となっている機能拡張が、Chromeのリストに表示されないらしく、対応が難しいです。

Windows・Mac 対策

Windows ならびに Macで対策として、やることリストです。

1. Chromeの「設定」を開き「同期」の「機能拡張」をOFFにする

2. Chromeをアンインストールする(アンインストール方法はこちら

3. ブラウザーfirefoxを導入する

4. firefoxでFacebookにログインして、Facebookのパスワードを変更

5. Facebookに書き込みます。
「動画スパムの被害に合いました。私からの動画リンクメッセージはスパムです。絶対にクリックしないでください。スパムの対策を行いましたが、まだスパムメッセージが届く場合は、コメントでお知らせいただけると助かります。また、万が一、クリックした場合は、こちらの対策記事(https://mono96.jp/sns/facebook/34190/)の手順で対応をお願いします。」

6. Facebook、二段階認証をオンにする(二段階認証の設定方法はこちら

7. Facebookと同じメールアドレス・パスワードの組み合わせで登録しているアカウントは、すべてパスワードを変更します。このとき、変更後のパスワードを同じモノで登録しないこと。(1Passwordを使うことをオススメ

8. Facebookのアプリを開き、不要なものは削除(アプリ削除方法はこちら

Chormeの機能拡張を使うスパムなので、ChromeがPCに存在しない、つまりアンインストールしておけば、スパムの送信は止まるはず。

(スパムは日々変化するので、この対策で絶対に大丈夫?と聞かれても、それはわからない、、のです。ただ、現状できる対策が上のリストです。)

注意点として、Chromeを再インストールすると、機能拡張の同期機能が標準でオンになっています。

機能拡張を同期し、感染しているChromeの機能拡張がインストールされると、再び感染します。

これを止めるために、やることリストのはじめで、同期を止める手順になっています。

が、同期が止まっていなかったら、Chromeを再度インストールすると、またスパムメッセージを送信する場合があります。

つまり、Chromeをインストールせず、Firefoxを使うのをオススメします。

android・ChromeBook

androidとChromeBookは、難儀です。

工場出荷時に戻すしか対策が、ない気がします。

当然データは消えますので、バックアップをしっかり確認し取って、自己責任にて、デバイスの初期化を行ってください。

iOS

正直、iPhoneなどのiOSには、この機能拡張のスパムが感染するのか、よくわかっていません。

が、

画面に、何かを許可するか?と表示されたら要注意です。

それを許可してしまうと、その時に、スパムに感染したと判断してください。

(iOSの仕組み上、感染しずらいはずですが、実際がよくわからないので、最悪の想定で書いています。)

そして、心配で心配で、という場合は、iOSを一旦初期化するしかないです。全部、iCloudにデータを同期しておけば、復元できますが、同期していない場合は、データ消えます。データのバックアップをしっかり取り、その上で、自己責任で行ってください。

そのクリック1つで、再セットアップしないといけなくなってしまう

このスパムがどこまで、ウィルス的なことをやっているのか?わからないのです。

念には念を入れるなら、PCを初期化して再セットアップ(android・ChromeBookは初期化する方がいい気がする)までやる必要があります。

クリックしたら、めっちゃ面倒なんです。

絶対にクリックしない

なので、「絶対にクリックしない」が大切です。

押さなければ、感染しません。

クリックすると、スパムのインストールを許可したことになるので、感染します。

気をつけてください。

防止策で二段階認識を設定する

Facebookで万が一の時も、乗っ取り被害を防止するのが、二段階認識です。iPhoneですぐ設定できる手順をまとめました。未設定のときは、すぐ設定を。

参考記事

今回まとめるために参考にさせていただきました。感謝です。

あと、Facebookの基本的な使い方について、こちらの記事もぜひ読んでください。「農家・経営者・フリーランス向け」とタイトルにありますが、Facebookを使う上で大切なことをわかりやすくまとめています。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役