FacebookのURLを開くとハテナの文字列(fbclid)が付いてくるので、自動的にカットするChrome機能拡張を導入

毎回、URLのハテナマークから後ろを削除するのめんどくさい!

Facebookで見つけた記事を開くと、URLに「ハテナから始まる長い文字列」が追加されます。

例えば、こんなの↓

https://mono96.jp/intellectual-production/notion/40337/?fbclid=IwAR3OdgpmSf9WQ-LyyJeebDHAdSGSB0ogOO7EHPt17mf_5NfGZAad8k_rBbg

後半のハテナ記号から後ろが、Facebookが追加している文字列。

?fbclid=IwAR3OdgpmSf9WQ-LyyJeebDHAdSGSB0ogOO7EHPt17mf_5NfGZAad8k_rBbg

fbclidパラメータというらしいです。なんかFacebookがトレースするための文字列。知らんがな。要らんし。

Facebookには大切な意味があるんでしょうが、邪魔です。毎回、コピーするときに、手作業で削除しているですよ。

1回1回は数秒でも、積み重なったらすごい時間の無駄。

Facebookの設定を変更して、これ無くすことは出来ない様子

Chromeの機能拡張を導入すると、この邪魔なfbclidパラメータを無くせるので、導入しました。

こちら↓

ソースコード GitHubはこちら

ソースコードのReadmeに書かれているように、この機能拡張は安心して使えます。

  • デスクトップのChomeにて、URLを書き換えている
  • 外部にデータは送信していない

さらに、安心できるのが、

  • 作者の@maeponさんは、WordPressコミュニティで直接お会いして色々コミュニケーションしている方

なんです。すばらしい機能拡張をありがとうございます。

この記事を書いた人

ブログコーチ 大東 信仁

ニックネーム ものくろ。株式会社 あみだす 代表取締役、Web&Blogコーチ、WordPressが得意。