「Orzレイアウト for やまぶきR 」バージョンアップ! Windowsでも快適な親指シフト

Windows やまぶきRでも Orzレイアウトを実現するキーレイアウト定義ファイルがバージョンアップしました。

Version1.0の英数字入力時は、元々のホームポジションでした。今回のバージョンアップにて、英字入力でもOrzレイアウトのままタイプが出来るようになりました。

やまぶきR設定 Orz定義ファイル Version2.0 は yykamoさん が作られました。また、元になるVersion 1.0は moritamstさん が作られたものです。

そしてこれらの定義ファイルをご提供頂き、おおひがしのサイトからの配布となっています。ありがとうございます。

英字での Orzレイアウト

英字入力(日本語入力 OFF)でも、右手ホームポジションが1つ右にずれた配置になりました。ただし、ctrlキーとの組み合わせショートカットキーについては、まだ未対応です。今後の課題として取り組んでいます。

快速親指シフト配列をOrzレイアウトにした定義ファイルも同梱となっています。ご活用下さい。

最新 Orzレイアウト for やまぶきR はこちらからダウンロード出来ます。

レイアウト図

Orz001

Orzレイアウトは、右手ホームポジションが移動しています。これによって、右親指キーの悩みを解決します。さらにEnterキーが近くなるため快適なタイプとなります。

快速親指シフト

Japanistにて用意されているキー配列です。こちらも右に1つずらす定義ファイルを同梱してあります。

Kaisoku oya

右上部分のキー配置が異なります。”『” ”』”が直接タイプ出来るのが特徴です。

謝辞

人と人の繋がりの素晴らしさ。それの成果が『 Orzレイアウト 』です。

facebook親指シフトグループの yykamoさん から、このVersion2.0 定義ファイルを作成・提供頂きました。感謝です。 Version 1.0 も moritamstさん から提供頂き、こちらからの配布を快諾いただいたのです。

yykamoさんは、ALPS軸、cherry軸のキーボードカスタマイズ&親指シフト化 の多くの成果をブログに公開されています。

かもめ~る通信

もともと、Mac向けのOrzレイアウトを配布していた縁から、定義ファイルを提供頂けました。また、この右にホームポジションをずらす発想もこの親指シフトグループの中で話し合われていました。

このアイディアは素晴らしいと感じ、定義ファイルがないから作っただけが始まりでした。でも、みなさんに喜んでもらえる結果になりました。

このように広くシェアできる形になって本当にうれしいです。

人と人の繋がりに感謝です。こんなありがたいことってあるんですね。

講座開催 ご案内
広告

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします