ロンドン旅行【2019年版】チップは必要?ホテル・レストラン・観光などケースごとにまとめました

2019年の夏に、イギリス・ロンドンを中心に旅行しました。ロンドンのホテルに4泊5日の滞在でした。

旅行前に調べたのが、チップを払うシチュエーション。

イメージとしては、ありとあらゆるときに、チップを支払う必要あるのでは、、と、ドキドキでした。

日本人にとって、チップは馴染みない文化、失礼のないようにしたいですし。

実際にチップを渡したのは1回だけ

今回の旅を振り返ると、本当の意味での「チップ」を渡したのは1回だけでした。

それは、ホテルに宿泊したときに、歯ブラシと髭剃りのアメニティキットが無く、電話で(慣れない英語でコンシェルジュさんに相談して)部屋に持ってきてもらったときです。

アメニティキットを持ってきてもらって、本当に助かりました。で、自然と「チップを渡したい」気持ちになりました。

気がついたら、2ポンドを。

スタッフさんから「Thank you sir. 」と言ってもらえて、なんか、ドラマで見たシーンやーと盛り上がりました。

4泊5日で、正味のチップはこれだけでした。

では、以下のシチュエーションごとにどうだったのか?を、書いていきます。

ホテル

今回、滞在したのは、マリオットカウンティホール。玄関に階段があって、ポーターさんが、スーツケースを手伝ってくれるのですが、チップは不要でした。周りのお客さんを見ていても、チップを渡している雰囲気は無かったです。

フロントでチェックインしたのが、朝の時間だったため、フロントで、荷物は預かってもらい、部屋に入ったら届いていました。なので、ここもチップを渡すことがなかったです。

ベッドメイクのときに、チップを置いておく(ピローマネーと言うそうですが)のか?も迷いましたが、調べたら、イギリスでは、ピローマネーの風習はない、とわかりました。なので、ここも不要。

上でお話ししたように、歯ブラシと髭剃りのアメニティキットが、部屋に備え付けられていなかったので、持って来てもらったときに、2ポンドのチップを渡しました。

相場がわからなかったので、1ポンドにするか、迷いましたが、実際に購入したら、、もっとお金と時間が必要です。

なので、2ポンド。これが適正なのか、ちょっとわかりませんが、渡したあとのアメニティを持って来てれたスタッフさんの雰囲気(反応)を感じると、ちょうど良かった様子です。

これについては、別記事に書いてますので、こちらも一緒に読んでください。

▶︎ ロンドン ホテルの歯ブラシとシェービングキット アメニティ 事情 2019年版

レストラン

ホテルのレストランを含めて5軒のレストランに行きました。結論は、5軒すべてチップは不要でした。

理由は、お勘定のときに持って来てもらったレシートに、サービス料 12.5パーセントの項目があるから。

サービス料が加算されている場合は、チップは不要です。

レストランのお勘定は、席のまま、そこに、クレジットカード決済端末を持ってきてくれるので、そこで、カードの暗証番号を入力します。

クレジットカード決済の端末は、直接携帯ネットワークに繋がっており、その場で、支払い手続きが完了します。便利でした。

今回のロンドン旅行で、レストランだけでなく、すべてのクレジットカード決済のときに、サインを書いた記憶が無いですよね。

全部、暗証番号入力でした。

なので、支払う前にレシートを確認してください。Service charge(サービス料) 12.5パーセントの項目があれば、チップは不要です。

サービス料の記載が無い場合は、どうするか?困るのですが、どうやら料金の10%ぐらいをチップで渡すと良いらしいです。

残念ながら?行ったお店全て、サービス料の項目がありました。

おそらく、一般的なレストランであれば、Service charge(サービス料)の請求があるかなと。

パブ

飲み物だけだと、キャッシュオンで支払うので、チップは不要でした。

フードも頼んだ場合に、席に持って来てくれたときは、どうなのか?

オックスフォードの小道の奥にある有名なパブに行ったときは、周りの雰囲気を観察していましたが、チップは無しでした。

タクシー

ロンドンといえば、独特のデザインのタクシー。 ブラックキャブと呼ばれています。

タクシーは、メーターの金額に追加して、チップを払うのが慣習の様子です。(サービスが気に入らない場合は、チップ無しもOKですが)

タクシーは、現金で支払うか、クレジットカードで支払いするのか?で、チップの事情が変わります。

ロンドン市内のタクシーでは、クレジットカード決済が基本な様子でした。

タクシー 現金でお支払い

現金で支払うときは、多めのお金を渡して「お釣りはいいよ」と言うのがスマートにできます。料金の大体10%だそうです。

「お釣りはいいよ」とチップ渡す場合の英語は、「Please keep the change. 」と言うと良いのですが、とっさに言えないですよね。

「No change, Please. 」と言ったつもりが、「No charge, Please.」と言っちゃったのですが、雰囲気で運転手さん笑ってくれました。

オックスフォードで乗ったタクシー1台だけは、乗るときに「現金のみだけど良いかい?」と聞かれて、クレジットカード端末無しでした。

ロンドン市内では、5回 タクシー(全部、ブラックキャブです)を利用しましたが、全て、クレジットカード決済端末がありました。

タクシー クレジットカードでお支払い

クレジットカード決済のときは、日本と違い、クレジットカードを運転手さんに渡す必要はありません。

決済端末が、タクシーの座った席の前にあったり、

席の横にあったりします。

ここで、決済するときに、端末でメーターの金額を確認した後、チップはいくらにする?と、画面に英語のメッセージが出ます。

このとき、2つのパターンがありました。

一つは、チップの金額を直接入力するタイプ、そして、もう一つは、メーター金額に、5%・10%・15%とメニューが表示されるタイプ、でした。

直接入力は、計算して、金額をテンキーで入力する必要があります。両方を経験したのですが、選択で決めれる方が、操作は楽でした。

どちらの場合も、10%の金額にしました。

公衆トイレ

トイレは、有料施設やホテル・レストラン中のトイレは、日本と同じ感覚で大丈夫です。

違うのが、駅などの公衆トイレです。ただし、チップではなく、利用料を支払う形になっています。

50ペンス硬貨が、必要になるので、財布に入れておくのをオススメします。

駅のトイレで、50ペンス硬貨がとても大切だったことは、こちらの記事に書いています。

▶︎ ロンドン市内観光 トイレ事情 50ペンス硬貨が大切

大道芸人さん

これは、チップというより、投げ銭ですが、コベント・ガーデンや、ロンドンアイの近くのテムズ川沿いの公園では、大道芸人さんがショーで、通行人の私たちを楽しませてくれます。

投げ銭なので、払うかどうかは、自由ですが、楽しめた!ので、1ポンドから2ポンドの投げ銭を入れてきました。

旅行にいく前は色々と考えてしまう

旅行に行く前は、アレはどうなの?これはどうなの?と考えがちですが、実際に行ってみれば、大丈夫でした。とはいえ、いく前に迷った気持ちもありました。その点を考えてこの記事をまとめました。

楽しい旅になりますように。

この記事を書いた人