ロンドン ホテルの歯ブラシとシェービングキット アメニティ 事情 2019年版

ロンドンのホテル事情を知らずに、旅行で滞在して、「歯ブラシと髭剃りがない」と慌てました。

(この記事では、英語でホテルに、歯ブラシとシェービングキット、つまり、アメニティが欲しい希望を英語で伝えた体験と例文を掲載しています。)

地球環境への取り組みが進んでいるヨーロッパ。ということで、ホテルのアメニティもセッケン、シャンプー、リンスと、最低限しか部屋に用意されていませんでした。

ホテル近くで、購入しようか、、と思いましたが、ロンドンには、日本のコンビニに相当するお店はなく、スーパーに買いに行く必要があります。

が、近くにスーパーが無くて、、あらー。こんなことなら、持ってくるんだったと後悔しても、まあ、遅いわけでして。

## ホテルにリクエスト(相談)したら、部屋に届けてくれた

英語で頑張って、部屋の電話からホテルの窓口に相談したら、歯ブラシと歯磨き粉のセットと、シェービングキット(シェーバーとシェービングクリームのセット)が入ったアメニティキットを、部屋に届けてくれました。

いやー、よかった。解決して。もっとも、電話の相談から、持って来てくれるまで、30分ぐらいの時間があったので、一瞬、「大丈夫かな」と思ったのですが、その直後に、部屋の扉をノックする音が鳴りまして。ホッとした次第です。

無くて欲しいものは、「欲しいよー」と、リクエストを伝えるのが、大切と感じました。

## 英語でどうやって伝えたのか

I can’t find a toothbrush and a shaving kit.

(歯ブラシとシェービングキットがみつからないんです。)

と、電話で伝えて、

May I ask you to bring a dental kit and shaving kit?

と伝えたのですが、最後は、I want to … と言っていました。

ホテルの部屋番号は、内線をかけている時点で、ホテルスタッフさんには伝わっているので、伝えなくても、どの部屋に持っていけば良いのか、把握されています。

また、余談ですが、

電話のやりとりでは、「バスルームの前にある棚の上の段にあるはずなんですが」と、スタッフさんから言われて、「見てみたけどないので、欲しいです」と伝えました。

## 余談 チップを渡すのが吉かなと

買いに行く手間と、購入代金も不要だったので、持って来てくれたスタッフさんに、2ポンドのチップを渡しました。

ここで、「Thank you, sir」と言われて、「なるほどー、ホテルで言われることがあるんだー、ドラマで見たなあーそういえば」と発見して、嬉しかったです。

## 余談2 宿泊したホテルは、ロンドンマリオットホテルカウンティホール

宿泊したホテルは、ロンドンマリオットホテルカウンティホール。

テムズ川沿いの、ロンドンアイが目の前にあるホテルです。このクラスのホテルでも、アメニティは最低限になっていました。

アメニティを、必要十分に用意するのは、日本のホテルだけなのかも、と感じた体験でした。

参考ページ

こちらの記事を参考にしました。

この記事を書いた人