ATEM Mini オンライン講座 パワーポイントを良い感じにする

  • ブックマーク

オンライン講座を開催したときに、パワポの画面だけだと、イマイチ。

パワポの画面の右下に、Picture in Picture 機能で、講師の映像を合成するのが、一般的な手法だが、パワポの右下に、映像が重なる。

パワポで、右下のスペースを開けておくと良いが、右下に小さく表示されていて、イマイチだ。

グリーンバックを使う合成も、準備が大変だ。

では、どうすると良いのか。

パワポの画面に、講師のカメラ映像を小さくして、重ねる発想を捨てる。

逆に、講師のカメラ映像にパワポを合成する発想にする。

実際の映像の様子がこちら。

ATEM Miniを使う例では、

入力1 に、パワポを表示するPCのHDMIを接続

入力2 に、講師のカメラ映像を接続(パワポを表示するスペースを見込んだ構図にする、例えば、講師を右端に寄せた構図に)

ATEM Mini の Picture in Picture をONに。

PCのATEM Software control アプリから、DVEのタブを選び、

位置とサイズ を調整

マスク で、パワポの外側の黒い部分をカット

(パワポの画面比率が、4:3 だと黒い帯が表示される。マスクの調整をやっていないのが、こちら↓ イマイチだ。)

注意点1

ATEM Mini の Picture in Picture の四隅ボタンを押すと、サイズ設定がリセットされるので、触らない。

注意点2

ATEM Mini 単体では、今回紹介した設定はできず、ATEM Software control アプリが必須。

注意点3

パワポを表示するPCと、Zoomを繋ぐPCは分けた方が良い。参加者さんのお顔を見て、参加者さんの反応を確認しながら講座を進めるため。

注意点4

ATEM Software control アプリ は、zoom配信のPCで起動して設定した。

Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役