Zoom(Ver.4.6.10)【自己責任で】Snap Cameraなどの仮想カメラをMacで認識させる

  • ブックマーク

最新版Zoom(Ver.4.6.10 : 2020-04-25時点では)は、Snap Camera などの仮想カメラを認識しない。

Macで、仮想カメラをZoomに無理やり認識させることができたので、書いておく。

自己責任でよろしくお願いします

ターミナルの操作がわかる方向けです。

ここで紹介する方法は、デジタル署名をあえて外すため、セキュリティ的に問題があり、自己責任で作業してください。何か問題が発生しても、こちらは責任を持ちませんこと、ご理解ください。

仮想カメラを使いたい

下の写真は、Zoomの画面をキャプチャーしたもの、ᓚᘏᗢが、頭に乗っているのは、Snap Camera を、Zoomに取り込んでいるため。

Zoom 4.6.10

2020-04-25 時点のZoomのバージョンは、4.6.10だ。この最新版では、Snap Camera などの仮想カメラを取り込みできない。

これを、力技で、Zoomから認識するようにする。

↓ カメラのメニューに、仮想カメラのZoomやManyCam が表示されている。

事前にXcodeをインストールする

事前に必要なのが、Xcode だ。インストールを済ませて、一度起動しておく(ユーザー認証があるため)。

トライした環境

今回、試した環境は、

  • macOS Catalina ( 10.15.4)
  • Zoom 4.6.10

の組み合わせ。

なお、リリースが予告されている Zoom Ver.5 では、この方法が使えるか、わからないが、多分、使えなくなる気もする。

Zoomをハックする

Zoomが起動している場合は、終了させる。

ターミナルを起動し、以下のコマンドをスーパーユーザーで実行する。(参考記事では、一般ユーザーのコマンドで紹介されていたが、実行すると権限がないエラーとなったため。)

$ sudo codesign --remove-signature /Applications/zoom.us.app/

管理者のパスワードを聞いてくるので、入力する。

実行後、仮想カメラアプリを先に立ち上げて、Zoomを起動すると、カメラのメニューに、仮想カメラアプリが見える。あとは、選べばOK。

なお、OBS Studio の仮想カメラ機能を使うには、工夫する必要がある。この手順は、別記事にまとめる予定です。

謝辞

こちらの記事の情報がなければ、仮想カメラは諦めモードでした。貴重な情報を感謝です。

Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役