Android のGoogle音声入力を試してみたが、 句読点と改行を入力することができないのが予想以上につらかった

Macの Google ドキュメント上でのGoogle音声入力が、思いのほか快適だったので、ひょっとしたら Android 単体の Google 音声入力でも快適に入力できるのではないかと考えて、 Android 単体で音声入力を試してみました。

結論としては、記事タイトルに書いてるように、残念ながらという結果でした。

原因はとてもシンプルで、音声入力中に句読点が入力できないこと、改行を行うことができないこと、この2点が、つらい理由でした。

Android だけで音声入力行うときは、句読点や改行を入れたいときは、音声入力を中止して、画面のソフトウェアキーボードを呼び出す操作が必要になります。

この操作が予想以上に面倒で、音声入力と、フリック入力キーボードの間を行き来することが、煩わしいのです。

PC( 私の場合はMacですが)の Google ドキュメントでのに音声入力は、音声入力を行いながら、同時にキーボードから句読点や改行を入力することができます。

この同時にキーボードが入力できるというのが、快適な音声によるに音声入力を実現していることに気づきました。

音声の認識性能は素晴らしいので、 認識精度よりもこのような日本語の文章として、完成形に近づけれること(句読点や改行による段落分け)が、スムーズに行えることが、私にとっては大切であることに気づ区ことができた、トライでした。

音声認識の性能に関しては、困っているのは、Macと入力したいのにカタカナのマックになることぐらいでしょうか。

Google 音声入力には、単語登録という概念がないので、マクドナルドのマックという音声入力を行う人の方が大多数なので仕方ないかなと思います。

Android の音声入力に関しては、 Google 音声入力を使わず、 Simeji の音声入力を使えば、句読点や改行の問題が解決することは知っています。しかし、入力データの送信問題や、中国のサーバーにデータを送信しているだろうという現状を考えると、どうしても Simeji を使う気持ちにはなれないんですよね。

こちらの記事を一緒にどうぞ!

講座 開催予定

この記事を書いた人