Chat-GPTが簡単にタイトル改善を実現するプラグインを公開 -ブログ運営者必見-

Chat-GPTを使って、ブログ記事タイトルの改善案を操作ていましたが、

タイトルとプロンプトを毎回、貼り付けるのが面倒。

そう感じて、

WordPressのプラグインを作りました。

入手はこちら

ダウンロードはこちらから。

使い方はこちらの動画を参考にしてください。

使い方

上のGitHub URLを開くと、緑色の「Code」ボタンがあるので、それを押すと、Zip形式ファイルがのダウンロードができます。

(Safariをお使いの場合、自動的に解凍されるかもしれませんので、再度Zipファイルに戻してください。)

ブログの管理画面を開き、プラグイン > 新規追加 > アップロードをクリックします。

ファイルを選択し、先ほどのZipファイルを選択し、インストール・有効化を行います。

プラグインの有効化後、管理画面の設定 > ChatGPT to Titleのメニューが増えるので、開き、APIキーと使用するモデルを選択して保存してください。これで前段取りは完了です。

XServer、conoha VPSでの動作、確認済みです。

ブロックエディタ、または、クラシックエディタのどちらでも使えます。

記事作成画面の下に、ボタンが増えているので、タイトルを書いた後に、ボタンをクリックし、しばらく待つと、Chat-GPTから改善案のタイトルが5つ返ってきて、表示されます。(それまで待ってください)

GPT-4のモデルを使うには、waitlistに登録とinvitedが必要が必要です。GPT-3.5-turboより、低速ですが、よりいい感じのタイトル案が出力されます。

1回のテストでは、だいたい380から400トークンを消費し、約0.01ドルほどの費用でした。GPT-3.5-turboの方が費用は安いです。

心配な方は2〜3回試してみて、open.aiの管理画面で使用量を確認しながらご利用ください。

API Keyが必要

事前に必要なのは、Chat-GPT API Keyです。取得方法はこちらの記事にまとめています。

費用の確認方法

文字数あたりの課金が発生しますが、1回 0.01ドルぐらいという感覚です。確認はopen.ai のUsage ページから確認できます。(ログイン必要です)

https://platform.openai.com/account/usage

10分ぐらい待つと、使用量に応じた金額(ドル)が表示されます。

余談 その1

WordPress公式プラグインに登録するには、まだ、改善点があるのですが、とりあえず、動くので、使ってみたい!という方は、どうぞ。

余談 その2

Chat-GPTに相談しながら、プラグインを作ったら、3.5時間でコードは完成しちゃいました。

説明を作るのに、今朝からお昼まで、同じぐらいの時間でしたが、すごい時代がやってきました。

動かしている様子はこちらの記事をどうぞ