MarsEditブログの初期設定ができずに困った!解決方法 | WordPress 3.5

MarsEdit

これがないとブログを作れないと言い切れるほど、便利です。いや、無くてもなんとかしますが、同じ記事を作るのに、3倍時間がかかるなと思います。

WordPressを3.5にバージョンアップしたのですが、同時にローカル環境もLionからMountainLionにバージョンアップしました。Fusion Driveで快適です。MarsEditも再インストールしました。

そこで、トラブルになりました。自動設定ができません。なんで?です。”xmlrpc.php”を手動で設定する必要がありました。結構こまったのでメモします。

m20130222001

WordPress 3.5

MarsEditは、WordPress 3.5バージョン以降では自動設定がうまくいかないようです。下のエラーメッセージが表示されます。いままでは自動で楽ちんだったので、今後,MarsEditのバージョンアップに期待です。おそらく、対応されるとは思います。

m20130221002

ただバージョンアップを待てないので、使えるように手動で設定します。

設定ができていないので、「refresh」アイコン等も半透明でアクティブになっておらず、なにもできません。

mm20130222004

Edit Settings

ブログタイトル メニューを右クリックして、Edit Settingsを開きます。下のように「API Endpoint URL」が空白になっています。もともとはここを自動で設定してくれていました。が、失敗しています。手動で入力してます。

mm20130222003a

設定する内容は、”ブログのURL”にxmlrpc.phpを追加したアドレスです。このとき”Blog ID” も設定します。

m20130222005

これで設定は完了です。いままで使えなかった「refresh」アイコン等がアクティブになっています。

m20130222006

ここで、「refresh」アイコンをクリックすると、ユーザー名とパスワードが求められます。管理画面にいつもログインするパスワードを設定すると、ブログとの接続が完了です。MarsEditは使い勝手がいいので、効率よく楽しくブログを書くことができます。

m20130222007

 まとめ

WordPress 3.5バージョン以降のブログをMarsEditに登録した場合、自動設定に失敗します。WordPressの仕様変更が原因です。手動で設定すると問題なく、MarsEditを使うことができます。

Edit Settingsの「API Endpoint URL」に、”ブログのURL” + xmlrpc.phpを書き込むと設定完了です。すばらしいMarsEditを存分に使って、ブログを楽しんでください。

高価なソフトですが、作業時間の短縮ができるので投資効果は十二分にある納得のソフトです。Webのエディターの動作速度に不満を感じている場合は特におすすめ!タグの挿入機能の操作が楽で素晴らしいです。

この記事を書いた人