ブログの外観(テーマ)を「Snow Monkey」に変更し、記事ページをシングルカラムレイアウトにしました

ブログの外観を変更しました。1ヶ月ちょっと前に外観を「Lightning」に変更したばっかりなのですが、「Snow Monkey」に惚れました。

こんな短いスパンで変更するつもりじゃなく、「Lightning」の変更時にかなりカスタマイズ作業をしていたのが、無駄になるのがもったいと0.5秒ほど考えました。

とはいえ、カスタマイズしたノウハウは無駄にならないし、「Snow Monkey」に用意されている機能が、他にない素晴らしい点があり、変更を決断しました。

Snow Monkey に変えた理由

3つのポイントがあります。

SNSボタンが高機能

SNSボタン機能をテーマが持っており、HTTPS/HTTP の合算カウントとキャッシュもできます。デザインも5種類から選べます。

HTTPS/HTTPの合算カウントの機能があると、2016年1月にHTTPSに切り替えてリセットされたSNSのカウントが復活しました。こちらの記事のfacebookのイイネ数が復活し合算されて、11万4千になって嬉しいです。

同時にキャッシュ機能も嬉しいです。ブログの表示速度を少しでも速くなるようにチューニングしていますが、SNSボタンはその仕組み上、限界があります。カウントキャッシュ機能で高速表示が期待できます。

洗練されたデザイン

こだわりを感じる洗練されたデザインのテーマです。

GPLライセンス

WordPressを支えている100%GPLライセンスを採用されています。

有料テーマで、100%GPLライセンスを選ばれた決断に拍手です。

記事ページをシングルカラムに

読みやすさを追求

記事ページのシングルカラムも用意されており、「1カラム(slim)」を採用しました。

オリジナルの設定では、PC表示のコンテンツ幅は1024 pxですが、読みやすさを求めて、608 pxの幅にカスタマイズしました。

きっちりしたピクセル数になっていないのは、コンテンツの1行を38文字に設定したからです。

CSSの設計が素晴らしい

CSS(スタイルシート)の設計が素晴らしいです。コンテンツの領域は、ピクセル指定でなく「em」と「zh」で組み立てられている設計になっています。

子テーマを作成してカスタマイズ

CSSの調整のみだと、WordPressの管理画面にあるCSS編集へスタイルシートを追記すればOKなのですが、後からテーマのコードを変更したくなることに備えて、子テーマを作成してカスタマイズしています。

実際、記事の終わりのコメント欄の後にあるトラックバックの部分は、当ブログでは、トラックバックはセキュリティ対策の理由で止めています。

表示が不要なのでコードをカスタマイズして出力を止めています。

MW WP Form プラグインと同じ開発者さん

このテーマは、MW WP Form プラグインと同じ開発者 北島さんです。

WordCamp Kyoto 2017とWordCamp Tokyo 2017に参加した時に、「ブロガーさんに選んで使ってもらえるテーマにしたい」と相談をいただき、こちらの一方的な希望をお伝えしていました。

素晴らしいテーマの開発とリリース、ありがとうございます。感謝です。

プライスは、16,200円

購入はこちらから。

このプライス以上の価値ありと、私は感じています。

講座開催 ご案内
広告

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします