AVerMedia BU110 ミラーレス一眼カメラのHDMI出力をUSBからMacに取り込む(キャプチャする)デバイス

  • ブックマーク

パナソニックのミラーレス一眼カメラ GH-5 の映像をMacに取り込みたい。

GH-5のHDMI出力をMacに接続したい。

これらを実現するために、HDMIをUSBに変換するキャプチャーデバイス 「AVerMedia BU110」を使って、約1年、使い勝手が良く愛用中だ。

Macで問題なく動作するのか?が、購入前の心配事だった。

この「AVerMedia BU110」は、UVC(USB Video Class)UAC(USB Audio Class)に対応しており、Webカメラと同じ位置付けで扱える。

つまり、ドライバ不要で動く

ドライバ不要で動く、Webカメラと同じように扱えるため、Zoomからもすんなり認識してくれる。

主に、講座をGH-5で撮影した映像をZoomで配信するのに、使っている。(購入したのは、2019年1月6日だった)

さらに、「AVerMedia BU110」は、カメラからのHDMIケーブルと、MacからのUSB-Cケーブルを接続するのみ。電源スイッチも、ACアダプターもない、シンプルな構成が良い。

HDMIをUSB-Cに変換するのみに、徹してくれている。

そのため、映像配信でトラブルになったことが、ほぼない。

本体のLEDが、動作中のときは、青く光る。映像入力が認識できないときは、赤色に光るので、トラブルにもすぐに気づける。

ほぼと書いたのは、1度だけ、映像が認識されなかったことがあるから。

しかし、原因は、HDMIケーブルだった。ノーブランドの5m HDMIケーブル(おそらくクオリティがいまいちだったのだろう)を使ったときに、入力を認識してくれなかった。

HDMIケーブルの品質だけは、注意しておきたい。もっとも、きちんとしたHDMIケーブルだと5mの長さでも、問題なく動作している。

参考記事はこちら。

2020年4月現在、おそらく新型コロナ感染症の影響で、在庫切れになっている。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役