Mac Automator で大量のPDFファイルを1つにまとめる 楽々です

大量のPDFファイルを1つにまとめる!Mac Automator で楽々です

約700のPDFファイルを整理したおおひがしです。でも、実は楽ちんでした。

Automatorというすばらしい機能がMac OS Xにはあるからです。

複数のPDFファイルを結合したいとき、プレビュー.appを使います。2つ・3つなら楽勝です。Windowsと違ってAcrobatを買わなくても出来るんだよーと余裕です。すいません、調子に乗りすぎました。

でも、これが100いや50ファイルになると、、どうでしょう?10ファイルでも...です。

自動化

そんなあなたに自動化です。Automator!これ、マウス操作だけでバッチ処理ができる優れものです。黒い画面(コンソール)で魔法を唱える必要が無いのです。

PDF結合

ココではMounteinLionを使っています。前段取りにデスクトップ上に完成したPDFを置くフォルダを作ります。

Automatorを起動します。ランチパッドの「その他」にあります。「書類の種類を選択して」となるので、「ワークフロー」をクリックします。

Autoscreenshot

次に開いた画面 左のカラム 「ファイルとフォルダ」をクリック、次のカラム 下の方にある「選択されたFinder項目を取得」を右の大きなスペースにドラッグします。

A2screenshot

これはファイルを指定するために必要です。次にPDF結合処理を設定します。

左のカラム 「PDF」をクリック、次のカラム 下の方にある「PDFページを結合」を右の大きなスペースにドラッグします。ここの結合方法で”ページをシャッフル”にすると、順番がシャッフルされ...マス。普通は困ると思います。注意して下さい。

A3screenshot

ここで、出来た!とはなりません。結合できたPDFをどうするのか?を指示します。

「ファイルとフォルダ」にある「Finder 項目を移動」・「Finder 項目を表示」を順番にドラッグします。保存先は先に作った出力先のフォルダにします。

A4screenshot

これで、結合したPDFファイルがそのフォルダに書き出され、フォルダが表示される処理となります。

以上でAutomatorの設定は完了です。このワークフローを保存します。

ファイルを指定

結合させたい複数のファイルを選択し、「指定されたFinder項目を取得」にドラッグ アンド ドロップします。元のファイル順に結合されます。

なので、Finderの上で、名前や作成日順に並び替えておくと、そのままの順番で結合できます。これがとっても便利です。

あとは一番右上にある「実行」ボタンをポチッとすると、できあがりです。

Auto0010

ものくろ おおひがしの思ったこと

いや、これ本当に便利です。マウスで自動化できるなんて、これ知っていると楽に仕事が出来ます。大変なフリをしつつ、スマートに仕事をこなして自分のための時間をつくれます。

A5screenshot

2134ページのPDF結合が1分で出来ました。カップラーメンより速くです。

Automator

automator かなり多機能なので、これからバシバシ使って行きます。「おっ」と感じたときは記事にまとめます!

みなさんはどう感じられましたか?

PDFをバリバリ使うあなたにおすすめ!

この記事を書いた人

ブログコーチ 大東 信仁

ニックネーム ものくろ。株式会社 あみだす 代表取締役、Web&Blogコーチ、WordPressが得意。