外出先のテザリングで不要な通信をブロックしてくれるアプリ「Tripmode」を使って2か月を振り返り 大幅な通信量に節約ができた

2017年5月に気がつけば、モバイルのメイン回線 ドコモ20GBを使い果たしてしまって大変テザリング回線の落とし穴!アプリのアップデートで1ヶ月20GBでも足りなくなったので対策したでした。

原因は、4月にメインマシンをMacBookPro15インチへ買い替えたときに、テザリングで不要な通信をカットしてくれる「Tripmode」アプリTripmodeの導入方法はこちらの記事(「TripMode」テザリングでPCを使うなら必須 -アプリごとの通信を制御・節約- Windows&Macどちらでも利用できる)にまとめていますをインストールし忘れたからです。

5月は、結局30GB近いデータ通信となりました。

6月から、MacBookPro15インチにアプリ「Tripmode」を設定し、テザリング通信を行ったところ、下のグラフのようになりました。

4か月間のデータ通信量グラフ

テザリング通信を行うときに、特に節約はせずに、必要な通信はどんどん行っています。7月は出先からFTPでサーバーへ通信をするケースもありました。

それでも、5月より少なくなっています。6月は半分以上の節約になっていますし、7月も16GBと多いのですが、これは上で述べたように、仕事が忙しく5月より外出先にて大量の通信を行っています。それでも、データ通信量は少なめになり、大幅な通信量の節約ここまで節約できるとは予想していませんでした。バックグラウンドのOSやアプリアップデートの通信量の多さを痛感が実現できています。

Tripmodeの導入についてはこちら。

外出のときに重宝しているモバイルバッテリーがこちら。折りたためるコンセントがついており、普段はバッテリー、コンセントに挿せばACアダプターとして使えます。

講座 開催予定

この記事を書いた人