2台以上のMacでも楽々、MarsEditの設定・下書きをDropBoxで同期、コマンド不要でマウスで設定できた。

WordPressのブログ記事を、Macで書くときに愛用しているアプリが、MarsEditです。自宅のMacminiでも外出したときのMacBookAirでもガリガリ使っています。これの「設定と下書き」をDropBoxを使って、同期するようにしました。

2年ほど前に記事を書いて(書いていたこともきれいに忘れていました..)いましたが、前回はコマンドをコンソール(黒い画面)に入力する必要がありました。

なんかめんどくさいですよね。今回は『マウス操作』のみで、同期できるようにしました。

あ、同期しているときに両方のMacでMarsEditを立ち上げると、なんかたぶん悲しいことが起こる場合があるので、両方を起動させない方がいいと思います。

シンボリックリンクのアプリをインストール

まずは黒い画面(ターミナル)を使わずに、シンボリックリンクを作るために『SymbolicLinker』アプリをインストールして、使えるようにします。

これについては別の記事にまとめましたので、そちら ↓ をご覧ください。

【Mac】データフォルダを自在に動かす設定-シンボリックリンク-をマウス操作だけでつくる

元になる設定ファイルとフォルダの位置を確認

MarsEditをインストールしたときに、”設定ファイルと下書きが入っているフォルダ”がどこにあるのか?を調べる必要があります。

Appストアから購入したMarsEditを使っている場合、下のようになります。

下書きなどのデータフォルダ

ライブラリーフォルダの中『Application Support』にある『MarsEdit』フォルダです。

Marsedit設定ファイル場所

たくさんのアプリが並んでいますが、アルファベット順になっていると思います。

Marseditフォルダ

なお、ライブラリーフォルダはFinderのメニュー”移動”にて『Altキー』を一緒に押しながら、マウスて開くと表示されます。

設定ファイル

これもライブラリーフォルダの中『Preferences』の中に下のファイルがあります。これに設定が記録されています。

com.red-sweater.marsedit.macappstore.plist

設定ファイル

開発元サイトから直接購入している場合は、以前に書いた記事に詳しく書いていますで、そちらをご覧ください。

DropBoxに移動

どちらのフォルダ・ファイルもバックアップを行ってから、作業なのですが、2つをDropBoxの中にコピーします。

花屋さんの写真

DropBoxの上でシンボリックリンクを作成

シンボリックリンクをDropBoxの上で作成します。シンボリックリンクの作り方は下の記事を参考にしてください。

【Mac】データフォルダを自在に動かす設定-シンボリックリンク-をマウス操作だけでつくる

作ったシンボリックリンクを”元々の場所に移動”して、作業完了です。2つめのMacの場合は、元々あるフォルダ・ファイルをリネームして保存した後に、DropBoxからシンボリックリンクを配置します。

これで、1台目の設定と下書きが2台目にも表示されます。

快適なブログ執筆環境ができました。

今日のピックアップ記事はこちら