Mac OS X(Yosemite) 10.10.2にアップデートしたら、日本語入力プログラムのカスタマイズしたキーバインドが初期化された

Mac OS X Yosemiteの日本語入力プログラム(JapaneseIM) でのキーバインドを変更して、「spaceキーで無変換(ひらがなのまま)・かなキーで漢字変換」という挙動にしています。

2015年1月28日に公開された Mac OS X(Yosemite) 10.10.2 にアップデートしたところ、このカスタマイズが消えて初期化されました。

10.10.2

appleのアップデート案内によると、10.10.2では下のような修正がある様子です。

リンク : OS X Yosemite 10.10.2 Combo Update → http://support.apple.com/kb/DL1786

  • Wi-Fi 接続安定性改善
  • Webページの読み込みが遅くなるトラブル・脆弱性・安定性 改善
  • Spotlight機能にMailのセキュリティ設定を迂回してリモートコンテンツを読み込んでしまう不具合の改善
  • オーディオ・ビデオ再生でのBluetoothヘッドホンの改善
  • TimeMachineでの、iCloud Drive のブラウズをサポート
  • VoiceOverスピーチの性能改善
  • 言語入力 (input method) 切り替え時に発生していた不具合修正

この最後の「言語入力切り替え時に起きる不具合修正」によって、カスタマイズしていた日本語入力プログラム(JapaneseIM) でのキーバインドの変更が初期化された様子です。

日本語入力プログラム(JapaneseIM) でのキーバインド変更方法

キーバインドの変更方法はこちらのブログエントリーにて詳しく紹介されおり、参考になりました。感謝です。

  • poly-tanked cosmos – Yosemite(OSX 10.10)日本語入力プログラムをATOK風キーバインドに → http://poly-tan.com/593/

作業時には必ず「Windows風のキー操作」のチェックを外して、「/System/Library/Input Methods/JapaneseIM.app/Contents/Resources」にある定義ファイルをリネーム・上書きすることがポイントです。

カスタマイズしたキーバインドファイルを置いておきます。自己責任にてご活用ください。(いかなるトラブルが起きても、責任は負いかねますことご理解くださいませ。)

このキーバインドを使うと、初めに書いたように「spaceキーで無変換(ひらがなのまま)・かなキーで漢字変換」という挙動になります。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら