カードアダプターでうっかり、SIM カード スロットを壊しちゃいました。

  • ブックマーク
  • Feedly

SIMカードアダプターで壊しちゃった

不注意だったんですけども、スマートフォン(Xperia)のSIMカードスロットを壊してしまいました。

いつもは、iPhone 5s に使っているSIMカードを、外付けキーボードで親指シフトタイピングができるということで、Xperiaに入れていました。

  • Androidスマートフォンなら外付けキーボードで、親指シフト タイピングできる | ものくろぼっくす → https://mono96.jp/?p=25975

そのSIMカードを元のiPhone 5sへ戻す(SIMカードを取り出す)時に、慎重にすべき作業なのを忘れて、やっちゃいました。SIMカードのサイズが違うので、アダプターを使っていたのですが、これを注意するのを忘れていました。

SIMカードのサイズ

iPhone 5s のSIMカードは、一番小さいサイズ(nano-SIM)です。一方、Xperia(SO-04E)のカードはそれより大きなサイズ(microSIM)です。一時的に入れるので、ということで、カードアダプターを使いました。入れる時に、まさかアダプターがトラブルの一因になるとも思わずに。

カードのサイズが統一してくれるといいんですけれどもね。はい。

机の上で作業すればよかったのに

そのXperiaから、iPhone 5sへ、SIMカードを戻す時に、やっちゃいました。

机の上にXperiaをきちんと水平な場所に置いて、SIMカードを取り出す作業をすればよかったのですが、何気なく、手に持ったまま、つまり、Xperiaを斜めに持ったまま、SIMカードを取り出しちゃいまして、ポロッとSIMカードだけが、飛び出しました。

スロットに残ったアダプターを取り出そうとしたら、中の端子にひかかって、取り出せなくなりました。

端子壊しちゃいました

格闘すること10分、額からダラダラと冷や汗が流れてきます。引っかかったまま、なんとか、取り出しました。

引っかかったSIMを読み取りする端子は曲がって飛び出してしまいまして、元に戻らない状態になりました。

慎重に扱うことが大切

カードアダプターが悪いわけではなく、アダプターを使ってなくても、慎重に扱う必要があるSIMカードの抜き差しを乱雑にやってしまった自分が悪いわけです。

実は2回目なんです

実は、今回のこのトラブル、2回目なんです。

お気に入りのルーターでも、アダプターを使っていて、スロットにひっかけたことがあります。このときは、ギリギリスロットを壊す手前だったんです。

個人的にはアダプターを使うのは止める

特にスロットに差し込むタイプで、アダプターだけが引っ掛かってしまうと、SIMカードの端子が壊れるので、個人的には、今後はSIMカードアダプターを使わないようにします。

アダプターを使われる場合は慎重に扱うのが大切です。

WIFIで通信できるとはいえ、なんだかな状態なので、修理できるかドコモショップに聞いてみようと思います。見積がびっくりする値段だったり、断られても、そのままで使えば、ですし。

関連エントリー

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら