『日本語表記ルールブック』 「づつ」「ずつ」どっち?送り仮名に迷ったり、表記でわからない時に見たい一冊

先日、「づつ」なのか「ずつ」なのか、ブログ記事を書いていて、送り仮名の表記に迷うと相談がありました。感覚的に、無意識に選んでしまいがちな日本語の表記ですが、ルールが決められています。

もちろん、文学作品などを中心に、表現の自由ということで、ルールを無視して書くことも大切です。ただ、知っていた上でルールを無視するのと、知らないで表現を綴るのであれば、知っておいた上がいいかなと考えています。

この送り仮名などの日本語の表記については「現代かなづかい」として、1946年(昭和21年)11月に内閣訓令として定められています。

国語を書きあらわす上に、従来のかなづかいは、はなはだ複雑であつて、使用上の困難が大きい。

それまでの複雑な表記を整理したようです。

もっとも上のWebページを読んでも、正直わかりにくいのが本音です。そんな時に役立つ書籍を見つけました。

80ページのコンパクトな内容に、ブログの記事を書く上で役立つ知識が詰まった一冊です。

  • 文体
  • 現代かなづかいの注意点
  • 送りかなのつけ方
  • 外来語の表記
  • 数字の表記
  • 単位の表し方
  • 句読点の表記

など、知っていると、文章を書く時に、あれ?どうすればいいのかな?と迷わずに、筆を進めることができます。

そして、マイクロソフトのWordを使い、表記の点検・チェックをスムースに行う方法も紹介されています。

日本語表記ルールブック
日本エディタースクール出版部
売り上げランキング: 6,422

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

もっと
オススメの本
について読む