フリーランスの道具箱

「ナイトクルーズ 東京水辺ライン」 合計20本の橋をくぐり レインボーブリッジを船からの景色を楽しめる

東京の隅田川をナイトクルーズにて、景色と涼しく感じる風を楽しみました。

2016年7月18日 海の日の夕方に、東京 隅田川 両国の桟橋から、東京スカイツリーとレインボーブリッジを船から楽しめる、ナイトクルーズへ行ってきました。

チケットはインターネットの前売り

事前にインターネットの前売りにてチケットを購入したほうがよさそうです。費用は大人一人 1,650円。乗った便は満席でした。

支払いはインターネットの購入時にクレジットカードからでした。

QRコードが発行されるので、これを印刷して受付に提出します。実際に行ってみた感覚では、印刷しておくとスムースな受付となりそうです。

IMG_1524

7月・8月の週末のみ運行

詳しくはこちらをご覧ください。

15分前に受付する必要がある

この注意を見落としていました。18時30分発だから、5分前に着けばいいかなとのんびりと、両国の発着場に到着すると、違っていました。

15分前までに受付を済ませておくことだった様子です。乗船できましたが、申し訳なかったです。

DSC03725

スカイツリーはまだ明るい景色

スカイツリーの近くでは、まだ、夕方で明るい時間帯でした。これもいい雰囲気です。

DSC03739

日が暮れたレインボーブリッジは素晴らしい

絶景でした。すばらしい景色です。

DSC03798

DSC03807

合計20本の橋を船からくぐりました

  1. 桜橋
  2. 言問橋
  3. 吾妻橋
  4. 駒形橋
  5. 厩橋
  6. 蔵前橋
  7. 両国橋
  8. 新大橋
  9. 清洲橋
  10. 隅田川大橋
  11. 永代橋
  12. 中央大橋
  13. 佃大橋
  14. 勝鬨橋
  15. レンボーブリッジ
  16. 豊洲大橋
  17. 晴海大橋
  18. 春海橋
  19. 相生橋

20の橋とタイトルにあるのに一つ足りないのですが、これは実際に乗船して体験してください。(どうしても知りたい方へ 残り1つはこれです。)

乗船したタイミングは満潮近い時間だったためでしょうか?船の上部デッキで立っていると、頭に当たりそうなぐらい低い隙間になっている橋もありました。

船がくぐるタイミングごとに、スタッフさんから注意の声がありました。

川から眺める景色と、隅田川と東京湾を流れる涼しい風で、暑さを忘れて楽しめるナイトクルーズ体験でした。






こんな記事も書いています


この記事を書いた人 :
ものくろ(大東 信仁)

profile2016autumn

ブロガー・Web&Blogコーチ・親指シフトユーザー・orzレイアウト考案者。WordPressが得意。HTML・CSS・PHPも熟知し広範囲の知識を持つ。

誰でもインターネットを活用できる時代だから、頭でモヤモヤしている「こんなのを実現したいなぁ」を引き出して形にし実現させるお手伝い、そして、インターネットを上手に使えるようにサポートするのが得意です。

iPhoneやAndroidなどのガジェット、デジタルだけでなく文房具などのアナログなツールも大好きです。写真や旅を楽しむこと、おいしいお食事、楽しい・ワクワクすることが大好きです。

Twitterやfacebookでも情報発信中、よろしければフォローしてください。



Instagram
follow us in feedly

ご依頼・講座開催情報はこちら

ブログ・情報発信でお困りごと、モヤモヤ、解決。あなたのステップアップをサポートしています。

広告

情報発信コンサルティング・コーチ

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。
・Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
・Webのテクニカルな改善でお悩みの方
・アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
・親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みもダイレクトにアドバイス。ブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

うまく表示されない時は
こちらをご覧下さい。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

講座 開催スケジュールはこちら
メールマガジンも発行中!
ものくろキャンプ スタッフ通信を確実にあなたへお届けします。
お読みいただきありがとうごさいます

follow us in feedly

更新のタイミングを知りたい!という方には Feedly がオススメです。この機会にぜひ上のボタンからご登録を。また読みに来てくださいね。

お役に立てたことがあれば、ソーシャルメディアへシェアしていただけると、今後の励みとなります。

SNSでフォローする