facebookのOGPタグに必要な admins ID を見つける方法(2016年10月版)

実名アカウントと繋がるけど、設定が楽チンなのが「admins ID 」

ブログ記事をfacebookへシェアした時に、設定しておいた方が良いのが admins ID もしくは fb:app_id です。個人アカウントと紐づいてしまい、ブログでは匿名にしているのが、実名に繋がってしまうデメリットがあり、繋がらないようにするには fb:app_id を使う必要があります。

このデメリットを理解した上で、問題ない場合、設定がカンタンなのは admins ID です。

2016年10月現在、2通りのadmins IDを見つける方法があります

ところが、この admins ID を見つける方法がわかりにくいのです。しかも、facebookは確認できる方法もコロコロ変わります。

2016年10月現在で使える2通りの admins ID 確認方法です。

外部サービス(Find your Facebook ID)を使う

この下のリンクを開き、facebookのプロフィールURLを入力すると、 admins ID を調べることができます。

プロフィールURLとは、例えば、自分の場合は https://www.facebook.com/nbigeast です。

15桁の数字列が表示されます。

プロフィール写真のURLから見つける

PCでfacebookを開きます。(スマホのfacebookアプリですと、URLを確認できないので、IDを見つけることができません。)

facebookのあなた自身の個人アカウントを開き、プロフィール写真をクリックします。

すると、

https://www.facebook.com/photo.php?
fbid=AAAAAAAAAAAAA
&set=a.BBBBBBBBBBBB.
CCCCC.
DDDDDDDDDDDD&type=3&theater

このような数字だらけのURLで、プロフィール画像がどーんと表示されます。

この最後の「DDDDDDDDDDDD」部分の15桁からなる数字が admins ID です。

admins ID が正しいか?確認するには

これらの方法で見つけた admins ID が正しいのか?を確認するには、下のように ID を繋いだURLでブラウザーを開きます。

正しければ、そのIDのfacebookプロフィールページが開きます。

例えば、ものくろの ID は 100001769233166 です。

OGPに admins ID を設定すると、記事のソースコードを開くと誰でも確認できます。なので、ブログと実名が繋がってしまうのです。

https://www.facebook.com/100001769233166 をブラヴザーで開くと、https://www.facebook.com/nbigeastへ、リダイレクトされます。このように、転送されるなら、見つけた ID は正しいわけです。

facebookに関して知っておきたいこと

[ads_amazon_1]


[/ads_amazon_1]

[ads_amazon_2]


[/ads_amazon_2]

[ads_amazon_3]


[/ads_amazon_3]

[ads_amazon_4]


[/ads_amazon_4]

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら