非公式だけど iPhoneのKeynoteプレゼンテーション操作ができる Logicool Spotlight Presentation Remote

動作保障対象外ですが、Logicool Spotlight Presentation Remoteを、iPhone 7Plus(iOS10)にBluetoothペアリングにて接続でき、iOSのKeynoteプレゼンテーションを再生した時に、次のスライドへ操作と、スライドを戻す操作がリモートで出来ました。

こちらが実際に操作している様子の動画です。

ペアリング操作は、Logicool Spotlight Presentation Remoteのスポットライトボタン(一番上)と、スライドを戻すボタン(3つ目)の2つを同時に2秒以上押し続けると、LEDが点滅しペアリング待機状態となり、その後に、iPhoneのBluetooth設定からペアリングします。

Logicool Spotlight Presentation Remote の特徴である「スポットライト」表示は、iPhoneでは動作できないので、注意してください。iOSではマウスという概念そのものが存在しないためと思います。

別にレーザーポインター、指し棒などを使うか、体を駆使して、スライドの注目してほしい場所を示す必要があります。

もう一つ、Keynoteのプレゼンテーションを行なっているときは良いのですが、スライドの再生が終わった後、Logicool Spotlight Presentation Remote と iPhoneのBluetoothペアリング接続が繋がったままですと、問題が起きます。

iPhoneで文字入力ができなくなります。これは、Logicool Spotlight Presentation Remoteがキーボードとして認識されているために、画面のキーボードが表示されなくなるためです。そのため、プレゼンテーション終了後は、手動でペアリングを解除する必要があります。

このような状態なので、公式では「非対応」となっているようですが、うまく使えば、PCを持ち歩かなくても、iPhoneだけで魅力あるプレゼンテーションを行えると感じました。

こちらの記事もおすすめ。

[ads_amazon_1]


[/ads_amazon_1]

[ads_amazon_2]


[/ads_amazon_2]

[ads_amazon_3]


[/ads_amazon_3]

[ads_amazon_4]


[/ads_amazon_4]

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら