Ulyssesのライセンスが買取から購読方式(サブスクリプション)に 旧バージョンユーザーなので50%オフの年間購読を契約(2017年10月31日まで)

サブスクリプション形式になった

Ulysses – Ulysses GmbH & Co. KGがアップデートとともに、ライセンスが変更となりました。

アプリを購入する時に対価を支払う買取形式から、使っている期間に定額を支払う購読タイプになりました。

サブスクリプション形式です。

デバイスごとのライセンスが不要に

今までだと、iPhone版とMac版を購入する必要がありましたが、サブスクリプションの契約ですと、iPhone版もMac版も一つの購読契約で利用できます。

旧バージョンユーザーは年間購読で50%オフ

これまでUlyssesを使っていたユーザーに対しては、優待価格が設定されています。

月間プラン 550 円/月
年間プラン 4,400 円/年
(387 円/月)
優待 年間プラン 3,300 円/年
(275 円/月)

なお、こちらの記事1)サブスクリプション方式になった「Ulysses」で移行手続き完了 – SPEAQによると、優待価格の契約を行うには、元々の旧アプリを起動する必要があるようです。

私は、iPhoneにて旧アプリを起動し表示された案内にそって新アプリをインストール、そのまま購読契約を行いました。この割引優待は、期限があります。

2017年10月31日までなので注意が必要です。

旧アプリユーザーには、もう一つの特典として1ヶ月の無料で使える期間があります。とはいえ、来月まで契約を先送りにすると、なんだか切り替え作業を忘れてしまいそうなので、その場で契約しました。

文章を気持ちよく書けるアプリ

文章を気持ちよく書けて、Markdown記法も使えることで愛用しているアプリです。勘違いして偽物のWindowsアプリも買ってしまった2)「Ulysses Window」で検索して見つかるWindowアプリは、Macの開発元とは無関係、買っちゃだめ – ものくろぼっくすこともあります。

アプリはこちらから

Ulysses
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル

参考記事

アプリ開発元からのライセンス形態変更に関してのアナウンスはこちら(英文)です。

どうして、今までのライセンス形式でなく、サブスクリプションに変更したのか?という理由はこちらの記事(英文)です。

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

脚注   [ + ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もっと
デジタルなツール
について読む