[ 日次クロージング 20130711 Vol. 29] 月に一度の診察 自分を見失わないために

毎月の診察日、双極性障害は再発率がとても高いのです。幸い、私はリーマスとラミクタール+漢方薬の組み合わせが体に合っている様子です。

そんなに崩れていないと思います。躁エピソードかどうか判断が難しいのです。どこまでがちょっと頑張っている範囲で、超えてしまった時が分かりにくいのです。

躁エピソードなら何とも言えない追いかけられる感覚と時間に急かされる気持ちが強くなるの経験かあるので、この感覚にならない範囲は大丈夫かな?と。反動の鬱エピソードも無いですから。

克服していても、再発がね..と言う気持ちがあります。なにより、自分が分からないのです。どこまでの喜怒哀楽は正常なのかな?と感じます。これが辛いです。

双極性障害を隠さずに過ごしていることがストレスが減ったように感じると、主治医の先生から言われました。これは感じていたことなので、評価されると嬉しいです。自己肯定感です。大切にします。

よかったこと

・iPhoneのアプリを整理できました。
・iPhone3Gが日本に登場して5年、これを祝いました。
・偶然、同じ日の去年にブログをスタートさせていました。
・1周年の振り返り記事を書けました。

習慣

足助体操 股関節の可動域が広がってきました。

暑さもあって、サイクリングで12kmほど走りました。

講座 開催予定

この記事を書いた人