親指シフトをタイピングしている写真から気づいたこと 指の角度に注目

テキストを親指シフトでタイピングしています。我流で習得して苦労しましたが、今では楽に考えていることを文字にできます。日本語を日本語で思考したそのままにアウトプットできるのが、親指シフトの良さです。

親指シフトをタイピングするときに、一般的なローマ字やかな入力と大きな違いがあります。それが同時打鍵です。

左右の親指の位置にあるキーと、文字キーを同時に押す動作が「同時打鍵」です。同時にタイピングすると、出力されている文字が変化して、50音を30ほどのキーでタイピングできます。

スマートフォンのフリック入力が、一つのキーで「5つの音」を入力できるのですが、それと同じ感覚です。

親指の位置にあるキーを同時に操作するために、文字キーをタイピングする指は、立ててタイピングします。そもそも同時打鍵は、モノを掴む動作から着想されています。

指を立てつめ先で、キーをタイピングします。

その様子がよくわかるのが下の写真です。人差し指から、小指まで、4つの指が立っていることに注目してください。

親指シフトタイピングの様子

(写真は、富田 邦明さん撮影・提供)

講座 開催予定

この記事を書いた人