MW WP Form 送信出来ないトラブルは、キャッシュプラグインが原因

ブログコーチ ものくろ です。MW WP Formプラグインを使って設置した、問い合わせフォームが動作しないトラブルのご相談がありました。

原因はキャッシュプラグイン

トラブルの原因は、キャッシュプラグインでした。

今回の事例では、WP Super Cacheでした。

トラブル事象

お問い合わせフォームに入力した後、確認ボタンを押しても、画面が遷移しないというトラブルでした。

キャッシュのデータが、コンタクトフォームでも、存在するために、次の画面へ進まない現象が発生しました。

改善はキャッシュ除外

WP Super Cacheを停止すると手っ取り早いのですが、今回は、キャッシュの除外設定を行いました。

設定は、

管理画面のWP Super Cacheを開き、詳細タブをクリックして、画面下に進んだところにある

「除外する URL」の項目に、コンタクトフォームの固定ページのスラッグを追加します。(今回は、https://example.com/contact だったので、contact を追加)

そして、保存ボタンをクリックして、その後、キャッシュクリアボタンを押して、設定完了です。

蛇足

Xserverを使っている場合、キャッシュプラグインが必要になるアクセス数は、そこそこのアクセスになってからで、大丈夫です。それよりも、キャッシュプラグインの設定をしっかりしないと、このような思いがけないトラブルになってしまうケースの方が多いです。

キャッシュプラグインが必要と、書いてある解説記事が多いですが、ほとんどの場合は、まだ早い段階です。なので、キャッシュプラグインの導入は要注意です。

参考記事

W3 Total Cacheの場合は

こちらの記事にまとめています。

講座 開催予定

この記事を書いた人