PayPay(スマホ決済)でビックカメラさんで買い物したら来月の1月10日に20%還元(2018年12月4日スタートのキャンペーン)

2018年12月4日からスタートしたPayPayで支払ったら20%戻ってくるキャンペーンを、ビックカメラさんにて利用しました。

PayPayとは、ソフトバンクとヤフーの合弁会社が、インド最大の決済サービス事業者であるPaytmと連携して、この2018年秋からスタートさせた、QRコードを使ったスマホ決済サービスです。

いまいち普及していないスマホ決済。今回のキャンペーンでPayPayの利用者をドカンと増やす目論見の様子です。ソフトバンクさんがADSLのモデムを配ったのを思い出します。

スマホに、PayPayのアプリをインストールし、Yahooジャパンのアカウントを連携させて、三井住友銀行のオンラインバンクサービスと連携の3ステップをiPhoneのみで行なって、決済できました。

本当は、クレジットカードを登録して使ってみたかったのですが、メインで使っているアメックスのクレジットカードは、PayPay未対応だったので、登録できずでした。

使えるお店の中で、ビックカメラさんがあったので、デジカメのパナソニックGH-5のバッテリーACアダプターDCカプラーの3点を、ちょうど購入予定だったので、購入しました。

PayPayが使えるお店はこちらのページの下に進むと一覧が確認できます。

余談ですが、バッテリーや電源周りの互換品をアマゾンさんで、安い価格で購入できますが、万が一クオリティが悪い製品を使うと、デジカメ本体までダメージを与えてしまうので、純正品を選ぶようにしています。

どんな風にPayPayの決済が進むのか、わからずにドキドキしながら、レジに行きまして、「PayPayで(慣れない)支払います」と。

まずは、ビックカメラさんのポイントカードを提示(ポイントも使えるのだなぁ)し、次は、ビックカメラさんのQRコードをスマホのPayPayアプリで読み取ります。

次に、レジに表示されている支払い金額を、私がスマホのアプリに入力。

ここで、PayPayには500円しか残高が入っていなかったので、アプリに「残高不足です」とメッセージ、そのまま、銀行口座からダイレクトにチャージできました。

再度、金額を入力し、決済完了。

そのあと、レジのスタッフさんが、決済完了の画面を確認して、レジ側の支払い完了処理を行って、支払い手続き完了となりました。

20%の還元は、1月10日にPayPayのアカウントへ付与される予定とのメッセージが表示されています。

帰り道で、iPhoneの三井住友銀行アプリを起動して、残高をチェックすると、即時チャージした金額が引き落とされていました。なるほど、思ったよりシンプルな仕組みになっています。

ビックカメラさんの店内を歩いていると、Appleコーナーの購入で10名ぐらいの順番待ちの列があり、Appleの製品を実質値引きで買えちゃうチャンスだなぁと。

 

講座開催 ご案内
広告

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします