親指シフトなMacで日本語ライブ変換の「もたつき」をちょっと改善するキーリピートをKarabinerで設定した

  • ブックマーク

親指シフト入力のタイピングで文章を綴っています。親指シフトはKarabinerを利用したorzレイアウト(ローマ字エミュレート)です。MacのEl Capitanから日本語変換で使えるようになったライブ変換の機能をオンにしていると、ちょっと反応が鈍く感じます。

日本語を綴るときに反応が悪い

この「鈍さ」をちょっとだけですが、改善する設定を見つけました。きっかけはこちらのネタフルさんのKarabinerのキーリピートを設定する記事です。

この記事で紹介されているのと同じ数値をを設定したところ、鈍さが体感できる範囲で改善できました。

設定

Karabinerのメニューからpreferencesをクリックして、設定画面を開き「Key Repeat」のタブを開きます。

Delay until repeat を 150 msに、Key repeat を 30 msに設定しました。

スクリーンショット 2016-04-29 0.50.47

親指の同時打鍵の範囲も狭くなる

タイピングの反応が良くなるのと、同時に、親指キーの同時打鍵の判定時間の範囲も狭くなる様子です。狭い判定に指の動きが慣れていないと、同時打鍵の文字の入力に注意です。

試した環境

MacBookPro13インチRetina Late 2013
2.8 GHz i7 ・ メモリ 16GB・SSD 512GBのモデルです。

Karabinerのバージョンは10.18.0、orzレイアウトにて、左親指キーはスペースキー・右親指キーはかなキーです。

余談

根本的に改善するには、orzレイアウトをローマ字エミュレートでなく、JISかなエミュレートにすることで改善できると感じています。orzレイアウトの定義ファイルの作業にも着手していますが、まずは、設定だけで改善できたので、記事にまとめました。

もう一つ記事を読んで行かれませんか?

最近の散財はこちら!

出張に便利そうなコンセントを買った!塩は、ぬちまーす。

【WordPressブログ スタートアップ講座 開催決定しました】

11月3日 祝日 水曜日
・10時から19時
・Kitchen Bee(4名)とオンライン(4名)のハイブリッド開催です。

オンラインのスタートアップ講座、気になっていたけど、4日間に分かれていて、スケジュールが、、というあなた。オンラインでも1日でOKなスケジュールを作りました。

ぜひ、この機会に、情報発信の母艦を一緒に作りましょう。

また、「ブログをスタートしたい」という方に、すごく良い講座あるよっと、ご紹介いただけると、飛び上がって喜びます。

よろしくお願いします。

(なお、リアルの会場は、Kitchen Beeにて人数を制限し、感染症対策を行って開催します。)

追伸、

また、3日の19時から20時の1時間、ものくろキャンプ交流会を開催します。こちらは、少人数ですが、Kitchen Beeのお席もご用意できる予定です。

オンラインとハイブリッド開催しますので、オンライン参加も大歓迎です。イベントを立ち上げますが、まずは、カレンダーに丸印を!

ブログスタートアップ講座のお申し込み告知ページを見逃したくない!という方は、下のメールマガジンにご登録ください。

お申し込み開始時にご案内をお送りします。

無料メルマガ発行中

メルマガも2021年は頑張って書いています。ぜひ登録して読んでくださいね。(無料です)

メールマガジン
無料で購読
メールアドレス *
* 必須項目

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。


Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

テストテスト