JR東海 浜松駅〜静岡駅 の普通列車はトイレがない列車もある!駅で段取りが大切です。

18きっぷで関西・東京を横断する時の難関が、この浜松〜静岡の間なんです。

何が難関かというと、まず3両編成です。そして、ダイヤ編成によっては『トイレ』の設備がないのです。

18きっぷでなくても、普通列車で約1時間の距離です。うっかり乗車すると”苦行タイム”になります。

赤いシートはトイレなし

浜松駅〜静岡駅 区間の普通列車は2種類あるようなんです。

どちらも窓を背に7人ほどが座れる長いシート(ロングシートと言うらしいです)の3両編成です。

写真  6

このロングシートの色が『赤』なら、残念ですがトイレの設備は有りません。車内アナウンスもこんな感じです。

『この列車にはトイレの設備はありません。ご理解ください。』

理解はしますが、タンクが満水になると大変です。というか、この失敗をやったことがあります。色々と気を紛らわしたものです。

青いシートはラッキーです。

もう一つの編成も3両なんです。ただし、ロングシート クッションの色が違います。

『青』です。こちらならラッキーです。

トイレあります。はい。

写真  5

乗る前に駅のトイレへ行くのかオススメ

でも、どちらの車両になるか?わからないですよね。なので、余裕のあるうちに駅で”用事”を済ませるのが、大切です。

今回(2014年1月10日)の18きっぷでの大阪から東京への時、浜松駅のトイレは大混雑でした。

みなさん、詳しい!

そして、やって来たのは「赤いシート」の3両編成でした。トイレを済ませてて良かったです。

関連記事

まわりの関連記事

講座 開催予定

この記事を書いた人