【平成26年3月1日~平成26年4月10日】18きっぷのポスター 徳島線 小島駅

  • ブックマーク

春の風を感じる季節。春期間の18キップです。平成26年(2014年)3月1日から4月10日の期間で利用できます。

年齢にかかわらず、どなたでもご利用いただけます。金額は 11,500円(1回分あたり 2,300円)です。鉄道の距離(営業キロ)で約150 km以上の旅行ならお得になります。

(運賃は乗車券│きっぷのルール:JRおでかけネット を参考にしました)

徳島線 小島駅

IMG 9039

今回のポスターは徳島線 小島(おしま)駅。サクラが美しい景色です。旅っていいですよね。

[map addr=” 徳島美馬市穴吹町三島小島 小島駅・JR/徳島線 ” zoom=”16″]

徳島県美馬市穴吹町三島、吉野川にそった土地にある駅です。

吉野川上流へ列車を乗れば、かずら橋で有名な土讃線大歩危駅方面となります。

昔ながらの木造駅舎と線路に囲まれたホームへの歩道橋の景色がある駅です。

1973年に個人の方によって、旧国鉄時代の駅(当時は有人駅)が無人化となるまでを短編映画『小島駅』(カラー8mm・約10分)として記録されています。

JR各社のアナウンス

JR各社さんの18きっぷ発売・利用案内です。

  • 発売期間:2014年3月1日~4月10日
  • 利用期間:2014年2月20日~3月31日

1日乗り降り自由(なんどでも途中下車可能)の5回分が1枚のキップになっており、1人で5日間利用したり、5人が同一行程で1日だけ利用するなどといった使い方ができます。

2人で1日 + 3人で1日の旅行でもオッケーです。1枚のキップなので、同時に5人がバラバラな目的地へ旅行することはできません。

東日本

「青春18きっぷ」の発売について [PDF/17KB]

西日本

鉄道のご案内|トクトクきっぷ:JRおでかけネット – 青春18きっぷ

4月1日から10日の期間に買うには

JRの窓口では購入できなくなりますが、町の金券ショップさんで購入可能です。

関連記事

大阪から南紀へおいしいマグロを求めて、一歩先に春を体験できるかも

大阪から東京へ18キップ!で行けます

大阪から新快速で米原方面の時に気をつけてください

静岡の区間は要注意!です

大阪から『中央線』を使って東京へ

私鉄との連絡窓口を楽に利用するコツ

レンタサイクルを使うと、行動範囲が広がります

運休でダイヤが乱れた経験もあります

18きっぷではないですが、秋の”鉄道の日”に合わせたお得なきっぷもあります。

私鉄もおとくな”きっぷ”があります!

まとめ記事もおすすめです。

散財したアイテム

最近の散財はこちら!

出張に便利そうなコンセントを買った!塩は、ぬちまーす。

【WordPressブログ スタートアップ講座 開催決定しました】

11月3日 祝日 水曜日
・10時から18時
・Kitchen Bee(4名)とオンライン(4名)のハイブリッド開催です。
お申し込みページはこちら

12月30日  木曜日
・10時から18時
・Kitchen Bee(4名)とオンライン(4名)のハイブリッド開催です。
お申し込みページはこちら

オンラインのスタートアップ講座、気になっていたけど、4日間に分かれていて、スケジュールが、、というあなた。オンラインでも1日でOKなスケジュールを作りました。

ぜひ、この機会に、情報発信の母艦を一緒に作りましょう。

また、「ブログをスタートしたい」という方に、すごく良い講座あるよっと、ご紹介いただけると、飛び上がって喜びます。

よろしくお願いします。

(なお、リアルの会場は、Kitchen Beeにて人数を制限し、感染症対策を行って開催します。)

追伸、

また、11月3日の19時から20時の1時間、ものくろキャンプ交流会を開催します。こちらは、少人数ですが、Kitchen Beeのお席もご用意できる予定です。

オンラインとハイブリッド開催しますので、オンライン参加も大歓迎です。イベントを立ち上げますが、まずは、カレンダーに丸印を!

ブログスタートアップ講座のお申し込み告知ページを見逃したくない!という方は、下のメールマガジンにご登録ください。

お申し込み開始時にご案内をお送りします。

無料メルマガ発行中

メルマガも2021年は頑張って書いています。ぜひ登録して読んでくださいね。(無料です)

メールマガジン
無料で購読
メールアドレス *
* 必須項目

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。


Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

テストテスト