FTPによる、サーバー上ファイルのバックアップとローカルのwp-config.phpの設定

ftpソフトにてサーバーのデータをバックアップする。

*** サーバーでの作業 ***
ftpソフトを使って(今回は、ffftpを使用)、サーバーのドキュメントルート以下の
全データを、ダウンロードする。

*** 以下ローカルでの作業 ***
ローカルPCのXAMPPのドキュメントルートフォルダに同様にファイルをコピーする。

通常は、以下のフォルダ。C\xampp\htdocs

ローカルサーバーにあわせて、ローカルのwp-config.phpを設定する。

wp-config.php の中のデータベースサーバーのセッティングを変更します。
ファイル注意事項のとおり、windowsのメモ帳で編集しない事
今回は Terapad を使いました。(理由:utf-8 BOM なしで保存するため)

設定内容は、各々の設定名に置き換えてください。

wp-config.phpから変更部分のみ抜粋。

// ** MySQL 設定 – こちらの情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘test‘);

/** MySQL のユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘test‘);

/** MySQL のパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘password‘);

/** MySQL のホスト名 (ほとんどの場合変更する必要はありません。) */
define(‘DB_HOST’, ‘localhost‘);
/** 以下の行を追加します */
/**localhost用 */
define(‘WP_SITEURL’, ‘http://localhost/wordpress’);
define(‘WP_HOME’, ‘http://localhost/wordpress’);

変更点は以上です。

これで、ローカルホストのWordPress設置フォルダをブラウザーで開きます。
無事に、サーバーのブログと同じWordPressブログ(クローンのブログ)が
出来上がっています。

 


  1. WordPressのクローンをローカルPCの上で作る。
  2. XAMPP Windows版 1.7.7をインストールします。
  3. ローカルPCにデータベースを準備します。
  4. サーバーMySQLデータベース バックアップ 実行
  5. ローカルPCへのMySQLデータベース リストア 実行
  6. FTPによる、サーバー上ファイルのバックアップとローカルのwp-config.phpの設定

この記事を書いた人