インストールディレクトリ【WordPress】サブディレクトリからルートに変更する手順

  • ブックマーク

サブディレクトリにインストール(home URL)しているWordPressのシステム部分を、ルートディレクトリに変更する手順。

変更前

example.com

wp(ここにインストールされている)

wp-admin

wp-includes

wp-content

変更後

example.com

wp-admin

wp-includes

wp-content

このように変更する手順が、意外と分かりにくかったので、メモ。

バックアップは必ず行うこと

ファイルだけでなく、データベースも、必ずバックアップを行うこと。

ファイルを移動させる

FTPでファイルを移動させる。

この時、もともと、ルートにあった index.php には、サブディレクトリのパスが書かれている。

変更前

require( dirname( __FILE__ ) . '/wp/wp-blog-header.php' );

サブディレクトリの中にある index.php で上書きする。

変更後

require( dirname( __FILE__ ) . '/wp-blog-header.php' );

wp-config.php、.htaccess に、サブディレクトリに関する記述がないかチェックする。あれば、修正する。

参考

データベース修正

Search Replace DB version 4.0 を使って、データベースに登録されているパスを変更する。

変更前

https://example.com/wp

変更後

https://example.com

ここで、最後のスラッシュは含まないスラッシュなしで登録されている部分もあるため。

Search Replace DB は必ず削除する

Search Replace DBをサーバーにアップして作業後、必ず削除する。

以上の作業で、ルートへ、WordPressのインストールディレクトリを移動完了となる。

投稿記事が 404になる場合の対処

投稿記事をトップから開こうとすると、404エラーになる場合、.htaccessファイルを再構築する。

手順は、

WordPressの管理画面にあるパーマリンク設定を開き、設定を変更せずに、変更を保存 ボタンをクリック。これで、.htaccessが再生成されて、記事が開けるようになる。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役