Calculated Fields Formプラグイン【WordPress】自動計算・条件分岐OKな見積もりフォームを設置できる

  • ブックマーク

無料版のCalculated Fields Formプラグインで自動計算見積もりフォームOK

Calculated Fields Formプラグインを導入すると、自動計算見積もりフォームを、管理画面から作ることができる。

公式のサンプルフォームはこちら ↓

有料版との違いは、自動返信メール・Paypal決済・WooCommerceやSalesForceとの連携機能の有無であり、自動計算の見積もりフォームを設置するのみでは、無料版で十分な機能を持っている。

↓ 公式サイトのライセンスごとの機能一覧

Calculated Fields Formプラグイン 無料版を使ってみて

WordPressのダッシュボード画面でフォームを作ることができる。

計算式だけでなく、if文を使った条件分岐も設定できるため、例えば、1万円以上の商品の時は、送料をサービスして見積もりするなども設定できる。

ただし、if文に慣れていないと、計算式の書き方で悩むかもしれない。

プラグインをインストールすると、サンプルフォームもあり、ゼロから作るより圧倒的に、楽に速く作れる。

海外のプラグインではあるが、日本語を使ったフォームを作るのは問題なくOK

一方で、ドキュメントと管理画面は英語なので、英語は、、という場合は翻訳のDeeplなどを使って読む必要がある。

サイトのデザインに合わせる調整もできる

DIVで囲む機能もあるので、フォームの配置の調整もできる。

管理画面でのフォーム部品には、CSSのクラスを設定することもできるため、デザインの調整も柔軟にできる。

ブログコーチ ものくろの一言

依頼を受けて、WordPressサイトにて自動見積もりフォーム機能を設置する作業を行なった。

PHPもしくはJava Scriptを使ってプログラムを書けばできるが、ゼロから作ると大変だし、お仕事の請求費用も跳ね上がってしまう訳で、WordPressのプラグインを利用して作れるか検討した結果、見つけたのが、このCalculated Fields Form プラグイン。

無料メルマガ発行中

メルマガも2021年は頑張って書いています。ぜひ登録して読んでくださいね。(無料です)

メールマガジン
無料で購読
メールアドレス *
* 必須項目

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。


Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役