DvorakJにてGoogle日本語入力にて親指シフトタイピングするときのチェックするポイント

  • ブックマーク

Windowsのキーボード配列をカスタマイズするキーリマッピングアプリの1つ DvorakJ と、Google日本語入力を組み合わせて、親指シフトorzレイアウトの設定ファイルを使ったときに、MS-IMEだと問題なく「うしてけせ」と入力できるのに、Google日本語入力だとうまく入力できないトラブルに出会いました。

解決してGoogle日本語入力で親指シフトで綴るためには、DvorakJの設定メニューの中にあるオプションにチェックを入れる必要があります。

そのオプションは、DvorakJの設定メニュー「入力全般」の中にある「IME関係」を開き、「Google日本語入力を使用している ※ローマ字入力がおかしくなる場合」にチェックを入れて有効にすると解決します。

Windows10のEdgeや検索窓などで、やまぶきRやJapanistでは親指シフトタイピングで入力ができない場合でも、DvroakJを使うとスムースに入力できます。

詳しくはこちらをご覧ください。

DvorakJに関する記事はこちら。

【12月30日WordPressブログ スタートアップ講座】

↓詳細・お申し込みは画像をクリック

【YouTube発信講座 開講】

↓詳細・お申し込みは画像をクリック

※いずれも19:00~21:00 ※当日都合が合わず場合は「動画で受講」ができます。1月12日(水)・2月9日(水)・3月9日(水)・4月13日(水)・5月11日(水)・6月8日(水)  合計6回の連続講座です。

無料メルマガ発行中

メルマガも2021年は頑張って書いています。ぜひ登録して読んでくださいね。(無料です)

メールマガジン
無料で購読
メールアドレス *
* 必須項目

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。


Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

テストテスト