フリーランスの道具箱

三井住友VISAカードのリボ払いは三井住友銀行ATMですぐに返済する!

去年にMacBookAir11インチを購入する時に、現金のやりくりがしんどくって出来心で使ってしまったのが『リボ払い』でした。

三井住友VISA クレジットカードのリボ支払だったんですよね。appleストアならお得な金利設定があるのでそっちにすればよかったのですが、でっかい電気屋さんで買ちゃったんで。

コツコツ返していましたが、なにせリボは金利が実質年率15.0%(2014年7月現在)とびっくりするぐらい高いので、お金を準備できたので一括で返済しました。

一括返済は手間がかかるだろうなぁと思っていたら、意外なくらいあっさり返済できました。リボ支払は手数料という形で大きな金利負担になっているので、素早く返済がいいと痛感しました。

広告

三井住友銀行の支店ATMからすぐに返済可能

返済方法を調べたら、3つの方法がありました。

  • 窓口に連絡して臨時返済を申し込みのうえ、毎月のカード支払で
  • 指定口座へ振り込み
  • ATMで支払い

この中で便利なのが、最後のATMでの支払いです。返済や振込の手数料も無料、事前の申し込みも不要です。

提携金融機関でもできるようですが、確実なのは三井住友銀行の支店にあるATMとのことです。

すぐに返済できる

ATMでお金を預金するように返済

  • 三井住友銀行の支店ATMにて『お預け入れ』を選択
  • VISAクレジットカードを入れる
  • リボショッピングなので『リボルビング払いのご返済』を選択
  • 残高が表示されるので、全額返済なら同額を、一部なら支払う金額を入力
  • 現金投入

これだけです。預金とほぼ一緒な操作です。

参考:https://www.smbc-card.com/mem/loancash/loancashoperationmethod.jsp

店舗は下のリンクから検索できます。

ATMからすぐに返済

金利を節約

手数料(金利)は毎日毎日増えていきます。返済できるなぁというお金の準備をしたあと、ものくろは『どうやって返済したらいいんや?』で数週間が過ぎました。なんの手続きも不要です。三井住友銀行の支店ATMに行くだけです。なので、すばやく返済。

お金と賢くつきあいたいなと、感じました。

MacBookAirの使い始めた時には、SSDの製造元で速度が違うとか、画面キャプチャーの色がおかしいとか、ハングアウトでカメラがサボるトラブルとか、色々とたのしい経験をしました。そして、abicaseで持ち歩く毎日がすぱらしいです。


この記事を書いた人 :
ものくろ(大東 信仁)

profile2016autumn

ブロガー・Web&Blogコーチ・親指シフトユーザー・orzレイアウト考案者。WordPressが得意。HTML・CSS・PHPも熟知し広範囲の知識を持つ。

誰でもインターネットを活用できる時代だから、頭でモヤモヤしている「こんなのを実現したいなぁ」を引き出して形にし実現させるお手伝い、そして、インターネットを上手に使えるようにサポートするのが得意です。

iPhoneやAndroidなどのガジェット、デジタルだけでなく文房具などのアナログなツールも大好きです。写真や旅を楽しむこと、おいしいお食事、楽しい・ワクワクすることが大好きです。

Twitterやfacebookでも情報発信中、よろしければフォローしてください。



Instagram
follow us in feedly

ご依頼・講座開催情報はこちら

ブログ・情報発信でお困りごと、モヤモヤ、解決。あなたのステップアップをサポートしています。

広告

情報発信コンサルティング・コーチ

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。
・Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
・Webのテクニカルな改善でお悩みの方
・アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
・親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みもダイレクトにアドバイス。ブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

うまく表示されない時は
こちらをご覧下さい。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

講座 開催スケジュールはこちら
メールマガジンも発行中!
ものくろキャンプ スタッフ通信を確実にあなたへお届けします。
お読みいただきありがとうごさいます

follow us in feedly

更新のタイミングを知りたい!という方には Feedly がオススメです。この機会にぜひ上のボタンからご登録を。また読みに来てくださいね。

お役に立てたことがあれば、ソーシャルメディアへシェアしていただけると、今後の励みとなります。

SNSでフォローする