プリンターの印刷用紙のサイズを A 5サイズに変更したらびっくりするぐらい快適だった

  • ブックマーク

プリンターの用紙サイズは、A4サイズ一択と思い込んでいた。

ふっと思いついて、A4の半分サイズのA5サイズで印刷したら、びっくりするほど快適だった。パラダイムシフト。

この良さを伝えたく、この記事を書いている。

A5サイズに設定しても、文字のサイズが小さすぎて読めないとはならず、ちょうど良い。もちろん、A4で印刷した方が良い書類もあるので、A4とA5の併用をしている。

A5で印刷すると良いのが、メール(Gmailから)の印刷だ。自分だと、経理処理で必要なメールの印刷、ヨドバシカメラさんの店頭受け取りの案内メールなどをA5で印刷している。

A4で印刷するよりスリムだ。

使っているプリンター(EPSON PX-M886FL)は、A5も両面印刷もバッチリできる。プリンターによっては、A4は両面印刷できるが、小さいサイズは片面しか印刷できないケースもある(前に使っていたブラザーのカラーレーザーがそうだった)ので。

先ほども書いたように、A4も印刷するため、プリンターの用紙カセットはA4サイズ(講座のテキストがA4なので、印刷枚数が多い)にしておき、背面の給紙ユニットをA5に設定している。

EPSON PX-M886FLは、用紙サイズ設定に合わせて自動で賢く紙を選んでくれるので、パソコンの印刷設定も楽ちん。(間違ってA5サイズなのに、A4サイズの用紙に印刷しちゃうミスが起きない)

唯一、問題なのはA5サイズの用紙を販売しているところが少ないこと。

ヨドバシカメラさんの通販で買えば、A5サイズの入手が難しい点もクリアできる。

あと、ちょっとした手書きのメモ用紙にもぴったりだ。愛用しているメモがニーモシネのA5サイズなので、サイズが統一できて嬉しい。

アマゾンでも手に入る。(ただし、あわせ買い になる)

  • ブックマーク

この記事を書いた人

情報発信ナビゲーター 大東 信仁

情報発信ナビゲーター / 博士課程中退 / ニックネーム : ものくろ / ブロガー / WordPressが得意 / orz レイアウト開発者 / 株式会社 あみだす 代表取締役