らくらく家財宅急便(クロネコヤマトさん)を利用 アーロンチェア(椅子)を大阪から東京へ送りたい。発送編

大阪の住まいから、東京の新しい生活拠点へ椅子(アーロンチェア)を運ぶことになり、利用したのが、ヤマト運輸さんの「らくらく家財宅急便」サービスです。

初めて利用したのですが、梱包などの前段取りが不要で、時間がないタイミングだったこともあり、とても助かりました。まずは発送までの手順などをまとめました。

椅子だけ運びたかった

単身パックも検討したのですが、引越の荷造りを行う時間余裕が取れず、大阪の住まいに関しては、親が住んでいることもあり、荷物を大急ぎで動かす必要に迫られておらず、という状況でした。

東京の新拠点へ、座り心地の良いアーロンチェアだけを送ろうと計画しました。

アーロンチェア

Webサイトで見積もり金額がわかるのが助かった

このサービスに決めた理由として、事前に「いくら輸送料が必要」なのか、見積もりがわかりやすかったのが良かった点です。

発送日と受取日も事前指定でき、時間も下の4つの中から選ぶことができます。スケジュールと合わせやすいのも助かりました。

  • 午前中
  • 12時から15時
  • 15時から18時
  • 18時から21時

申し込みもWebサイトから

申し込みは電話もしくはWebサイトから行えるのですが、見積もりして「よし!これでお願いしよう」と決めたのが、午前1時頃だったので、そのまま、Webサイトから行いました。

見積もりする時に、椅子のサイズを測っていましたが、申し込みのときに再度入力が必要でした。あと、重さも必要でしたので、それはアーロンチェアのWebサイトを参考にしました。

午前中の引き取り指定でスムース

発送(引き取り)は午前中の時間指定をお願いしたところ、9時半に玄関のチャイムが鳴りました。午前中というのは10時以降だろうと思っていたので、寝癖の髪で恐縮でした。

そのまま椅子を持ち出し

玄関を開けると、男性スタッフさんがお二人立っておられて、玄関までは自分で椅子(アーロンチェア)を運び、そこでお渡ししました。スタッフさんが、椅子のサイズをメジャーで測り、申し込み内容と相違ないか?そして、申し込みから出力された伝票の記載事項も間違いがないか?という確認も同時に行われました。

その場でお支払い

料金は、発送時にお支払いです。アーロンチェア(椅子)のサイズは、縦・横・高さの三辺合計のサイズが250cm以内のCランクでした。発送金額は消費税込みで 8,694円(税抜きでは8,050円)でした。

それに加えて、「万が一の保険(一般家財)を掛けますか?」と尋ねられたので「はい、お願いします。定価16万ぐらいですね。この椅子。」「じゃ、15万の保険にしますね」となりました。

この一般家財は、輸送品の時価額が1万円の価値につき20円の保険料が必要です。時価額15万を設定したので、保険料 300円でした。

なので、合計 8,994円を発送時に現金にてお支払いしました。

お支払いをしている間に、もう一人のスタッフさんの手によって、椅子はトラックへ運ばれていきました。

玄関で梱包するのかな?と思っていたら、そのまま持って行かれたのですが、運送のプロの方々なので大丈夫と安心しています。

東京の新しい場所に届くのが楽しみです。

つづく。

[amazonjs asin=”B00T2H0S9K” locale=”JP” title=”トミカサイズ ヤマト運輸 ミニカー w号車、クール、10tトラック 三台セット”]

[amazonjs asin=”4093798796″ locale=”JP” title=”小倉昌男 祈りと経営: ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの”]

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら