スターフライヤー 機内販売で 2Wayビジネスサブバッグを購入 しっかりした帆布で満足度が高く・毎日使ってます

スターフライヤーの機内販売で一目惚れして購入したのが「2Wayビジネスサブバッグ」です。価格は2,500円(税込 記事作成の時点での価格)です。

色は2色

色は「黒と明るいグレー」の2バージョンから選べます。

汚れが目立たないこと、それに、使うシチュエーションで迷わなくていい、他の鞄も黒色に揃えている、などなどの理由から黒色を選んだのですが、残念ながら搭乗していた飛行機では在庫切れとのことでして、明るいグレーの色を購入しました。

参考PDF

一目惚れしたポイント

シートポケットに刺さっている機内販売のパンフレットを手にして、ペラペラっとめくって数ページ見たときに、このバッグの写真が目に飛び込んできました。

シンプルなデザインで、一目惚れです。スターフライヤーさんのロゴも、右下に(よくよく見ないと気づかないぐらい)控えめに入っているだけで、無駄な装飾がありません。

ショルダーストラップもハンドルもない、引き算なデザインです。この雰囲気が好みなのです。

マチは 40 mmと広くないから使い勝手がいい

バッグの口が開く幅である マチ も 40 mmと広くないのですが、そのため、書類を入れるのにちょうど良いだろうと想像して、購入しました。

使ってみて、その予想通りです。A4の書類を入れると綺麗に収まります。書類や資料が多い時は、クリヤケースで整理するとぴったりです。

8号帆布(はんぷ)

手にしてみて、予想以上にバッグの布地がしっかりしていることに気づきました。機内で見たパンプレットに 8号帆布 と書かれていましたが、この8号の意味を分かっていませんでした。

そもそも 帆布(はんぷ)とは、木綿、麻を平織りにした厚地の布のことだそうです。これも知りませんでした。油絵のキャンバスも帆布だそうです。

この8号ですが、号数が布の厚みを示しています。つまり糸の太さだそうです。そして、11号から1号で分類され、数字が小さいほど、糸が太くなり、布が厚くなります。

このように分類をすると、8号は薄いと勘違いしてしまうのですが、帆布自体が厚めなので、8号も布としては厚みがあります。

こちらのWebページを拝見すると、8号は 0.80 mm の厚みがあります。しっかりしている布地です。

満足度が高い理由

一目惚れで購入したバッグですが、使い始めると毎日使っています。

タリーズのバッグに入れるとちょうど収まり、書類を整理するに便利なんです。しかも、明るい色を選んだので、黒いタリーズのバッグでも一目で入っていることが確認できて、大切な書類や資料を持っている確認がすぐにできます。なお、スターフライヤーの機内でのコーヒーもタリーズさんのものです。

明るい色なので「パッと見て、よし入れている、忘れていない」と確認できます。この良さは予想していませんでした。

結果的には、明るい色を選んで正解でした。そして、次にスターフライヤーさんに乗った時には、黒色も購入したくなりました。

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます










著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

もっと
面白いの見つけました
について読む