このカメラを買った理由 RICOH XR-8SUPER

カメラの紹介記事はこちらです。

私がこのカメラを購入を決めるまでは、いろいろ悩みました。
当時、大学に入り、中学・高校からの趣味の天体観測を続け
ようと、天文系クラブに参加しました。加えて、写真部にも
入った頃でした。

カメラを買いたいと、思っていた頃は、天体写真の撮影が、
一番の条件でした。天体写真を撮影する場合、バルブシャッター
にて、長時間のシャッターを開けての撮影になります。
短くても、数秒、長くなると数10分、もっと長くなると数時間
のシャッター時間になります。

そのため、メカニカルシャッターのカメラが必須です。

まぁ、その条件が絶対という事でも無くて、canon AE-1(中古)を
もうちょっとで買うところだった事もありました。が、簡単に
決めていいのか?と思い直して、結局買いませんでした。

Nikon の F401に興味津々でしたが、同じNikonならば、やはり
FM-2がメカニカルシャッター機です。それにFE-2は憧れていました。
しかし、限られた予算です。中古でもどれもが、予算オーバーです。
当時は、中古でFM-2買うなら、中古でFE-2が良いと誤解していました。

当時、写真を理解できていないことを一番の例は、FE-2は、露出補正
ダイヤルがあるのに、FM-2はそんなダイヤルが無く、FM-2は機能が少
ないと勘違いし、どちらも中古でも高価なので、機能が多い方がいいよね。

このように勘違いしていました。今振り返ると、恥ずかしいです。
フルマニュアルのFM-2。露出補正ダイヤルは不要です。マニュアル操作
で、思いのままの露出を作れます。マニュアル機には露出補正の概念
無いですよね。

また、同時に三脚とカメラバックは購入したかったのです。
三脚は天体写真撮影の必須アイテムですし、高校時代にカメラバッ
クが無くて、カメラの持ち運びに、気を遣うし、持ち運びにくい
経験があり、はじめに一緒にそろえたかったのです。

だから、さらにカメラ・レンズの予算が圧迫されます。

また、天体写真には、明るい(F値が小さい)レンズが有利です。
この時は、写真部での写真を撮る事については、ほとんど検討して
いません。この後、どんどん写真部でのモノクロ写真に、魅了され
夢中になるんですが、未来の事は、わかりません。

なので、天体写真カメラなので、メカニカル機(フルマニュアルでもok。
天体写真は、シャッタスピードは、バルブ。絞りは解放かそこから1段
絞ったF値で固定して使います。)
そんな中、低予算でその条件にあう明るいレンズがある事を知りました。
RIKENON 55mm F1.2
です。普通 50mm クラスは、F1.4で高級・高額です。F1.2になると、
以下のような、もうすごく高価なレンズばかりになります。

smc PENTAX-A 50mm F1.2

EF50mm F1.2L USM

Ai Nikkor 50mm f/1.2S

AI Noct Nikkor 58mm F1.2

これは、購入時には無かったですが、プラナーレンズの100周年を記念して
1996年に1000本のみ製造というプレミアなものですが、
CONTAX Planar 55mm F1.2 MM(G) Planar 100 Jahre

そんな中で、RIKENON 55mm F1.2は新品定価 33,000円(実際は値引きが
あるので、)もっと低予算で購入できるのは、とっても魅力でした。
このレンズの実力も知らずに、単に低予算でF1.2が手に入る。レンズは、
これに決定です。

そして、このレンズはKマウント。PENTAXのカメラでも良かったのですが、
新品で低予算に買えるという事で、RICOH XR-8SUPERに決定、購入。

実は、購入後、初期不良品だったのです。シャッタスピードダイヤルを
まわしても、露出計がアンダーのまま、反応しなかったのです。
即、リコーサービスセンターに連絡、持ち込みました。

持ち込むと、丁寧な対応で、すぐに故障内容を確認。
すんなり新品交換となりました。この対応が丁寧で、リコーってカメラに
愛情を持っているメーカーなんだなーと思いました。
昔から(2眼レフから)カメラメーカーという事を知りませんでした。
失礼な話です。(^ ^;

実際に使った感想ですが、天体写真を撮影する時に、1つだけ欠点があり
ました。バルブで撮影すると、その間は露出計が常時作動するために、
露出アンダーの赤色LEDが点灯します。あー電池が勿体ない、で済めば
いいのですが、きっちり、フィルムにその赤色が映り込みます。orz….

天体写真を撮影する時には、底蓋にある電池を抜き取る作業が必須でした。

通常?撮影には、開放F値がf1.2と明るく、ピントが合わせるのが楽です。
ファインダーはのぞき易く、露出計の表示もシンプルで直感的にわかり易かっ
たです。

予想以上に、マニュアル操作がし易く、シャッターダイヤルも絞りダイヤルも
操作し易いです、ピントリングも少し重い感触で、微妙なピント合わせが
楽でした。

シャッターを切った時に、シャッターショックが大きいこと、カメラの持った
時の質感は、価格相応なので、我慢でした。また、この価格で望んではいけな
いと思いつつも、持っている満足感は全くないので、道具として割り切った
理解が必要でした。

のちのち、写真部にてモノクロ写真に魅了されて、多くの写真を撮影しました。
はじめに、機能はシンプル。フルマニュアルカメラで、写真撮影を学ぶ事が
できたのは、後々に良い経験となりました。これは、良い意味で誤算でした。

今振り返っても、新品で買った数少ないカメラでした。

カメラの紹介記事はこちらです。

この記事を書いた人