【追記あり】OS X 10.8.5 にアップデートしたMacBook Air (Mid 2013)にて、起動しないFaceTimeカメラを使えるように修正した

この記事のポイント

  • MacBook Air (Mid 2013) にて、 Mountain Lion 10.8.5 アップデートをすると困った事になります。
  • Google+ハングアウト・skype・iMovieなどでディスプレイ上にある”FaceTimeカメラ”が使えなくなって不便になります。
  • 気になる記になるさんに対応方法があって、トライしたら解決。無事に使えるようになったよ!

追記:Apple、数日中に「OS X 10.8.5」向けの追加アップデートをリリースへ こちらの記事にて、修正アップデートが行われる予定があることが分かりました。(2013-09-25 7:40 記)

10.8.5にアップデートするとFaceTimeカメラ問題が起こった

2013年9月13日にリリースされた「OS X Mountain Lion アップデート v10.8.5」

iOS7リリース直前という事もあり、15日にアップデートしました。

使っているマシンは、MacBook Air (Mid 2013) です。その後、google+ハングアウトでトラブルが起こりました。

DropShadface01

それまでは問題なく使えていた液晶モニター上のカメラ(FaceTimeカメラ)が「デバイスが見つかりません」となり、音声のみのハングアウトしかできなくなりました。9月14日の時点では、問題なくカメラが動いていたのに。

しかも、FaceTimeアプリからは問題ないんですよね。

Face02

Google+ハングアウトでカメラが認識しない

トラブルを整理するとこんな感じです。

  • MacBook Air (Mid 2013)はトラブル発生するけど、MacBookPro 2011 13inch Eayly 2011はなんともない
  • OSは10.8.5にアップデートしている
  • USBの外付けカメラは問題なくオッケー
  • Photo BoothやFacetimeアプリでは問題なし

appleも「やっちまったよ、すまん」と問題を把握しているらしいので、システムアップデートを待てば改善されると予想されています。

アップデートまでiPhoneですれば良いやん、とか回避方法は色々ありますが、Airを愛しています。トラブルを改善して、カメラを使えるように出来ないか?考えたら、出来ました。

気になる記になるさん に情報が!

こちらにトラブルの内容が紹介されていました。9月17日の記事です。恐ろしいほどの情報力です。

記事には元情報サイトも示されています。

32ビットアプリがカメラを使う場合に必要なプログラムがないのが原因とのこと、アップデートを作る時にうっかり忘れたようです。OmniFocusできっちりタスク管理をして欲しいです。

使えるようにする手順があった

記事の中に手順が書かれています。

  1. You need Time Machine
  2. Go to folder /Library/CoreMediaIO/Plug-Ins/DAL/
  3. Copy AppleCamera.plugin to good place (usb memory stick is the best place).
  4. Go to Time machine in date that skype work fine.
  5. Change AppleCamera.plugin with file from Time Machine
  6. Restart system

「Time Machine」を使っていれば、この改善方法を行えます。アップデート前のファイルをTime Machineから取り出して使うからです。

つまり、9月12日以前のバックアップがタイムマシーンにある方は、カメラを使えるようになります。

実際にトライ!使えるようになりました!

上の英語を訳すとこんな感じです。

  1. まず、タイムマシーンはどう?使ってるんやったら、いけるで。
  2. 使っている?よっしゃ、慌てなよー今のを先にバックアップや。
  3. folderの「移動」から「フォルダへ移動」を開くんや、で、/Library と打って開いたら、 /Library/CoreMediaIO/Plug-Ins/DAL/まで進むんや。
  4. AppleCamera.pluginとのファイルがあるからバックアップな。USBメモリーに入れといたら、”何処にやったっけ?あっ上書きしてもた”とならへんから良いと思う。無理にすすめへんけど。
  5. バックアップできたら、「アップデートする前の日付 9月12日」あたりのタイムマシーンを開いてやな。
    Drtime01
  6. さっきバックアップとったんと同じ /Library/CoreMediaIO/Plug-Ins/DAL/ を開いて、タイムマシーンのファイルをばーんと上書きや。
    Drface20Dface21
  7. マシンを再起動したら、前の通り使えるはずや。

大阪弁で恐縮です。

バックアップ必ず行っておきます。これが大切です。

これで Google+ハングアウトからも、FaceTime HD Cameraが使えるようになりました。

Dface06

モノクロはこう思った

無事にGoogle+ハングアウトが使えるようになりました。今回、気になる記になるさんの記事を見つけて、「あっ!これだ!」とトラブルが分かりました。

同時にアッブルのサポートに問い合わせも行いました。Appleもトラブルを把握しています。

32ビットアプリケーションからFacetimeカメラが使えないトラブルは確認済み。ただし、次回アップデートのスケジュールは決まっていないので、、今のところは外部USBカメラを使ってもらえないでしょうか?

このような回答でした。

なので、アップデートを待てばいいのですが、ちょっと待てないのですよ。ものくろ は。

距離を超えてブロガーさんとコミニュケーションするのに、google+ハングアウト(オフネク)はよく使うんですよ。正直、使えるようになって大助かりでした。

Google+ページを使いこなす

Google+ Hacks!

Google+ Hacks!

posted with amazlet at 13.09.24
鈴木 朋子 鈴木 智子
ソーテック社
売り上げランキング: 109,752

この記事を書いた人