『七つの習慣 – スティーブン・R・コヴィー』もっと早くに出会っていれば、いや、今からでもチャンスはある!涙がこぼれました。

今まで、なかなか手にしていなかった本の一冊です。6月に参加した立花さん主催のワークショップでも、参考図書として紹介されていたのですが、なぜか?いままで読んでいませんでした。

2013年12月末、今年の棚卸しをする上で読んでおきたい!と感じ購入しました。まだ、読み終わっていませんが『なんとも言えない』感情に出合えました。涙が..。

冒頭にある21人の著名人のコメントが心に突き刺さった

ケント・ギルバート氏の言葉に、なんとも言えない感情になりました。

日本のサラリーマンを見ていると、自分の価値観と関係なく、会社の要求に合わせているだけだと感じます。それで、四十代になってリストラの対象になったとき、その人には何も残らないわけです。

35歳までの自分です。そう正に。

IMG 0359

精神疾患になり失ったもの

35歳になるまで、バリバリ・ガンガン働きました。こんな言葉で恐縮ですが、本当に沢山働いたと思います、会社も拡大し工場も4倍の広さに、設備もどんどん増えました。社員も(経営者含めて)4人だったのが11名まで増えていきました。

大型案件もまとめ上げ、会社が成長することが、自分の成長と信じていました。でも、実際はギリギリでした。

ケント・ギルバートさんの指摘通り、自分自身の価値観を”会社組織の価値感”に無理やり合わせて取り繕っていました。きっと、10年後には自分の価値観に変わるはずって盲信していたという表現でもいいと思います。

働きすぎから、身体も脳もボロボロになっていました。それにも気がつかないフリをしていたんですよね。

IMG 0371

いや、チャンスを得たと考えれないか?

双極性障害になってどうなったのか?『就労してはいけない』と医師から診察、会社から解雇、何が残った?という状態になりました。それが2年前です。

身につけた知識は残りましたが、同時に恐ろしいほどの”虚しさ”も感じました。

”自分の価値観”はまったく感じられず、当時は一緒だった家族に自分勝手な価値観を押し付ける”身勝手な価値観”に溺れていました。その結果、一緒に暮らすことは無理だと家族から宣言される結果になりました。

『自分には何も残っていない。社会という世界から消えてしまった』

今考えると、限界ギリギリだった状態の人生から双極性障害のおかげでリセットすることが出来たと思います。

過去を悔やんでいても変わらない、頭では理解できています。

ただ、もし....会社に振り回され忙殺されていた、当時の自分に会いに行けるなら『黙ってこの本を差し出したい』

なにより、その当時にすでに出版されていたわけです。”もし”はないのですが...もし、この本を知っていたら..手にしていたら...と悔しさは感じます。情報を知ることの大切さを痛感します。

IMG 5806

人生をリセットするってなかなか経験できない、もしかしてラッキー?

私の疾患は今の医療では完治できません。嘆いても仕方ないです。そう考えるまでは回復できました。

”人生をリセットして輝きを取り戻す”という目標に向かって、行動を始めれました。そもそも、人生をリセットできるって、なかなか出来ないことではないか?

健康という点では、すこしだけ..ちょっとだけ..マイナス要因と同居することになったわけですが、大きな視点で見れば、ラッキーなんだ..って感じています。その結果、今年は活動の範囲を大きくできました。

周りの人からみれば『なんて幸せなんだ』と感じられているでしょうし。

IMG 5848

今から何をするか?を感じるチャンスを得た

この本を読みはじめて感じたんです。

チャンスを得ている!

習慣を少しだけ変える行動と、自己責任を感じて主体的な価値観を積み上げることが進む道ではないか?

今、この本を触媒にして自分と語り合い、少しだけ角度を変えることで ”2014年の道”を創って行けるのではと感じました。

DPP 0002

もちろんまだ読んでいる途中です。読み終わった時には新しい発見・想いが出てくるかと。逆に新しい意見が出てこないって、どうなのか?です。

ただ、この段階のインプットに対して『アウトプットしたい!』と感じ、その思考を文章に落とし込みました。”七つの習慣”を年末年始に手にしたことも偶然でないと感じつつ。

関連記事

体系的で豊富な実例が僕らを導く ”7つの習慣” by スティーブン・R・コヴィー [Book Review 2010-122] | No Second Life

Amazonでは扱いがない(なぜか中古のみ)のですが、、、ヨドバシ.comさんに在庫があります。配送も速いのでおすすめですよ。

7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー
キングベアー出版
売り上げランキング: 274

ちょっと補足みたいなことを

精神疾患は心の病気でないと感じています。実際に疾患になってよく分かりました。

脳がダメージを受けてしまい異常が起きている状態なのです。神経伝達が上手くいかないのです。心の持ちようとかのレベルでは無いのです。薬が異常な神経伝達をサポートするから回復するんですよね。

双極性障害に限定してのお話ですが、今 自分の症状が安定しているのは心の持ちようでなく、、薬を飲み続けているからです。

よくわかる双極性障害(躁うつ病) (セレクトBOOKS)
主婦の友社
売り上げランキング: 54,286
統合失調症がやってきた
ハウス加賀谷 松本キック
イースト・プレス
売り上げランキング: 1,333

講座 開催予定

この記事を書いた人